バケモノの子 無料動画配信(映画)フル視聴/2021金曜ロードショー

邦画

バケモノの子の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、『バケモノの子』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

『バケモノの子』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

細田守監督が描くバケモノと少年の物語!映画『バケモノの子』予告編
「バケモノの子」予告2

スタジオ地図制作によるアニメーション映画作品の第2作目となる本作品『バケモノの子』は、第39回日本アカデミー賞で最優秀アニメーション作品賞を受賞するなど、数々の映画賞を受賞しております。

公開初日から好評を博した本作品は、最終的な観客動員数が400万人を突破する大人気作品となりました。

また、声のキャストに豪華俳優陣を揃えたことも大きな話題となり、より注目度が高まった作品でもあります。

バケモノの世界を舞台に親子の絆を描いた物語をご紹介していきましょう。

『バケモノの子』を無料で見る

『バケモノの子』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ31日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『バケモノの子』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料でお試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

『スタジオ地図』の概要

2011年に、アニメーション制作会社マッドハウスでプロデューサーをしていた齋藤優一郎さんを代表取締役として、細田守監督と共に設立したアニメ制作会社で、今年、創立10周年を迎えた。

スタジオ地図制作作品及び、細田守監督代表作品の紹介

『時をかける少女』(2006年)

2006年、マッドハウス制作。

細田守監督により再構築された、筒井康隆さんの小説が原作の作品。

1997年に実写映画された世界の20年後を舞台とした青春物語。

今年の4月には、スタジオ地図の創立10周年企画として4DX版が劇場公開された。

『サマーウォーズ』(2009年)

2009年、マッドハウス制作。

細田守監督が初めてインターネット上の仮想空間を描いた作品。

これからの世界を予見するようなキャッチコピーが話題となった。

ちなみに、ディザー版とポスター版がある。

「これは新しい戦争だ。」・・・ディザー版

「つながりこそが、ボクらの武器。」・・・ポスター版

『おおかみこどもの雨と雪』(2012年)

2012年、スタジオ地図制作。

スタジオ地図制作として初めての作品。

細田守監督が初めて自ら脚本も手掛けた長編アニメーション作品で、興行収入42.2億円を記録し、大ヒットした。

異種族間の親子愛や疎外感を綴ったこの物語は、様々な世代と状況により捉え方が変わり、まさに人間の本質に迫った作品との声も多く聞かれました。

『バケモノの子』(2015年)

2015年、スタジオ地図制作。

スタジオ地図制作の第2弾作品。

今作品も脚本を細田守監督が手掛け、最終的な観客動員数が400万人を突破し大ヒット作品となりました。

異世界の生き物との家族の絆と友情を描き、今もなお愛され続けている作品です。

豪華キャスト陣と社会的メッセージ性の強さが話題となりました。

『未来のミライ』(2018年)

2018年、スタジオ地図制作。

スタジオ地図制作の第3弾となったこの作品は、海外での評価が高く、第91回アカデミー賞長編アニメ映画賞などにノミネートされた。

細田守監督にとって初めて時空間を題材としたオリジナル脚本となり、その演出からまるで絵本を見ているような作品と言われる事も多く、大人からの好評の声が多かったのも特徴的です。

細田守監督作品を視聴できる配信サービスはTSUTAYA TV/DISCA

細田守監督作品を無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

スタジオジブリ作品

風の谷のナウシカ(1984年)

となりのトトロ(1988年)

魔女の宅急便(1989年)

耳をすませば(1995年)

もののけ姫(1997年)

千と千尋の神隠し(2001年)

猫の恩返し(2002年)

ハウルの動く城(2004年)

ゲド戦記(2006年)

崖の上のポニョ(2008年)

借りぐらしのアリエッティ(2010年)

ジブリ作品を視聴できる配信サービスはTSUTAYA TV/DISCAだけ

ジブリ作品を無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『ディズニー』作品

 

 

アナと雪の女王(2013年)

塔の上のラプンツェル(2010年)

トイストーリー1234

ファインディング・ニモ(2012年)

モアナと伝説の海(2016年)

TSUTAYA TV/DISCASでは多数のディズニー作品がお楽しみいただけます。

『ディズニー』作品をお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

バケモノの子の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『バケモノの子』のあらすじ

・バケモノ?

両親が離婚して母親と暮らしていた連は、ある日、交通事故で母親を亡くしてしまう。

まだ9歳だった連は、親戚に養子として引き取られることになっていたが、それを拒んで引っ越しの最中に逃げ出し、渋谷の街をふらつくようになっていった。

ほぼストリートチルドレンのようになった連は、夜になると行く当てがなく、人気のない裏通りに潜むように蹲り眠っていた。

そんな時、連は獣の姿をした人らしきものから「弟子にならないか」と誘われるのだった。

 

・バケモノの世界

冗談でからかわれたと思った連は、その話を真に受けようとはせず、はっきりとは答えなかった。

でも、ずっと何かに頼ることなく一人で生きていきたいと考えていた連は、そうしていける「強さ」を求めており、少し迷ってもいたのだった。

そんなある日、補導されそうになり逃げ回っていた連は、気づくと見た事もない町の一角に出ていた。

そこはバケモノの世界である「渋天街」で、戻ろうとするが来た道がなくなっており、そこで再びあの獣のような男と出会うのだった。

『バケモノの子』のネタバレ

・人間の世界とバケモノの世界

あまり知られてはいないが、この渋谷にはバケモノたちが暮らす「渋天街」というバケモノの世界への入り口があった。

そんなバケモノたちの中には物好きな奴がいて、たまに扮装しながら人間界の様子を伺いに来ていたりするのだ。

熊徹と呼ばれるこの男もそうだった。

バケモノの世界では現在の統治者である宗師が神様に転生する為、次の者を選ばなければならず、武術館を主宰し多くの弟子を持つ猪王山と、粗暴だが武術を極めている熊徹の二人が候補者とされていたが、人望のない熊徹には弟子が居なかった。

そこで熊徹は、正式な候補者として弟子が居なければ駄目と宗師に言われていた為、人間界を覗きに来ていたのだった。

 

・連~九太

まだ9歳の少年である連は、両親が離婚しており母親と暮らしていたのだが、突然の交通事故で母親を亡くしてしまい、親戚のもとで養子となる事になっていた。

だが、何かに振り回されるのが嫌になり自分一人で生きていこうと考えた連は、養子になることを拒み、逃げ出したのだった。

そして、行く当てのなかった連は、渋谷を彷徨うストリートチルドレンになっていった。

そんなある夜、いつものように人気の少ない裏路地の自転車置き場で蹲って眠りについていると、フードを被った男に声をかけられる。

でも、よく見るとその男は人間ではなく獣のような姿をしており「お前、俺の弟子にならないか」と誘ってきたのだった。

その見た目に驚いた連は、からかわれたように思えたのでまともに取り合わず、その場はそれで終わったが、屈強そうな彼の事はその後も頭から離れることはなかった。

ある日、連は警官から補導されそうになって逃げまわっていた。

すると、何か見たこともない町の一角に迷い込んでしまい、困っているとバケモノの姿をした僧侶に危ないところを救ってもらう。

そして、ここがバケモノの世界「渋天街」だと知らされ、来た道を戻ってみるが塞がれており、途方に暮れてしまうのだった。

そんな時、あの男と出会う。

彼は熊徹という名で、弟子の誘いに乗って自分を追いかけてきたのだと思ったらしく「じゃ、ついて来い」と連を連れていくが、市場で彼のライバル候補者である猪王山と鉢合わせてしまう。

すると、周りは二人が闘いを始めると思い騒ぎ立てるが、熊徹は野次られるばかりで応援されてはいなかった。

その様子を目の当たりにした連は、自分の境遇と重ね合わせ、熊徹への弟子入りを決意する。

しかし、本名を明かしたくない連は名を尋ねられると口籠ってしまい、見かねた熊徹は「9歳だから九太だな」と勝手に名付けるのだった。

 

・心の闇と修行

バケモノの世界では、人間は心に闇を宿しており災いをもたらすと言い伝えられていて、忌み嫌われた存在であった。

そんな人間を弟子にするという熊徹は、周囲から非難されるが宗師はこれを認め、熊徹と九太の奇妙な生活は始まっていく。

そんな熊徹は、皆が言っているような闇が九太から生まれてくるとは思えず、気にも留めていなかった。

こうして武術の修行が始まったのだが、元々我流で武術を極めてきた熊徹は教えることが下手で、毎日のように九太と言い争ってしまう。

そういったこともあって修行がなかなか捗らず、熊徹は九太を人間界へ戻そうと考えるが、そんな時、宗師が現れ各地の統治者の元をまわって修行してみなさいと紹介状を手渡してきた。

さすがの熊徹も宗師の言葉には逆らえず、友人の多々良と百秋坊を誘い、九太と共に修行の旅に出るのだった。

 

・反抗期

いろいろな土地を訪れ修行に励み続けた熊徹と九太たち。

熊徹は、人や土地を治める為に必要な強さとは何かと考え追及しながらも、九太を育てることに必死で向き合っていた。

一方、九太も熊徹の屈強さに憧れ、父親というのはこんな感じなのかと思いながら、修行を続けていた。

そんな日々が過ぎ、気づけばもう8年も経っていた。

すっかり青年として成長した九太は17歳になり、思春期真っ最中で何かと熊徹の言う事や、やる事が気に障り反抗してしまう。

まさに反抗期の九太は、いつものように喧嘩していた熊徹に独り立ちすると告げ、飛び出していくのだった。

すると、偶然、人間界へ戻る入り口を見つけた九太は、数年ぶりに渋谷の街へ向かう。

九太の目にしたのはかつての渋谷ではなく、そこは彼にとっては見知らぬ街となっており、逃げるようにその場を後にして図書館へ辿り着く。

そこで、九太は楓という女子高生と出会うのだった。

それから、少しずつ打ち解けてきた九太は楓から色々な話を聞き、次第に読み書きなど勉強も教わり始める。

そして、普段は渋天街に住み、昼間は人間界で楓から勉強を教わるといった日々を過ごして行くのだった。

 

・父親との再会、そして闇

こうして渋天街と人間界を行き来している事を熊徹には秘密にしていた九太。

そんな時、割とのみ込みが早く強い向学心もある九太に、楓は興味があるなら高卒程度認定試験を受けて、その後の大学進学も考えてみたらと勧めてきた。

その話を聞いて前向きに考えていきたい九太だったが、人間界での自分の戸籍や住所については何も知らない。

そこで、楓と一緒に区役所で調べると九太の父親の住所がわかり、彼は父親との再会を果たす。

その後、九太が渋天街に戻ると、熊徹が九太の寝床から人間界の教科書を見つけており、その事で問い詰められた彼は、父親の事や人間界の学校へ行きたいという気持ちを打ち明けるのだった。

だが、熊徹にその話を受け入れられず激しい口論に発展すると、九太は父親の元へ行くと告げて出ていってしまう。

そんな熊徹は、9歳のころから本当の親子のように暮らしてきたことを思い出し、寂しそうに肩を落とすのだった。

一方、熊徹のもとを飛び出して渋天街を出奔した九太が父親の所へ行くと、父親は「辛い過去は忘れて…」と話してきた。

すると、何かがはじけたように九太は「何も知らないくせに過去が辛かったと決めつけるな」と声を荒げ、父親を拒絶するように去っていく。

そして、何だが知らないどす黒い靄(もや)のような感情が広がってきているのに気付き、これが心の闇なのかと九太は、昔聞かされたあの話を思い出すのだった。

 

・熊徹と猪王山の闘いと闇の暴走

父親の所を後にした九太は、その後、楓に会うと自分の心の葛藤を打ち明け、そして、もう一度向き合おうと気を取り直し渋天街へと戻っていった。

すると、ちょうど宗師の跡継ぎを決める決闘の最中で熊徹と猪王山が闘っていたが、いつもの熊徹とは違って動きに精彩がない。

お互いに剣を携えているものの斬り合いが禁止されている為、鞘と殴打による闘いが続き、熊徹はダウンしてしまう。

猪王山の勝ちを確信したかのような歓声に包まれ、熊徹自身もあきらめかけると、その時、会場に九太の声が響く。

その声に九太の姿を目にした熊徹は立ち上がると、ボロボロの見た目とは裏腹に軽快な動きと力強さを取り戻し、猪王山を圧倒し始める。

そして、熊徹の鞘が猪王山の刀の鞘を砕いて、見事逆転勝利を収めるのだった。

しかし、熊徹と九太が近づこうとした瞬間、熊徹は背後から猪王山の長刀に刺し貫かれてしまう。

それは、猪王山の子である一郎彦が念力で操ったもので、彼の胸には闇が広がっており、あきらかに抑えが効いていないようだった。

その時、目の前で熊徹を刺されたことに九太が激昂すると、胸に闇が広がりはじめ、勝手に鞘から抜け出た刀が一郎彦めがけて迫っていく。

だが、周囲の制止する声を聞き九太が理性を取り戻すと、ギリギリのところで刀は地面に落ち闇も消えていった。

しかし、一郎彦の胸の闇は広がり続け、とうとう彼を呑み込み暴走すると、その場から消え去ってしまうのだった。

一方、瀕死の熊徹は治療室に運ばれ、辛うじて一命を取り留めていた。

そこで、九太は一郎彦が自分と同じ人間だと聞かされ、彼の闇について知る事になる。

猪王山に強い憧れを抱く一郎彦は、自分が猪王山の長男である事を誇っていたが、父とは似ても似つかないことから自分が実子ではないと気づき、怒りと悩みから闇が宿るとそれが日々増幅され、猪王山が負けたことをきっかけに暴走したらしいとの事だった。

そのすべてを知った九太は、同じようにバケモノに育てられた人間の自分にしか一郎彦を止められないと思い、人間界に向かったと考え彼を追っていった。

渋谷に戻った九太は、楓を呼び出しもう勉強できない事を伝え借りていた本を返すと、一郎彦を探し続ける。

そんな九太は、一郎彦を抑えるために自分の闇の中に引きずり込み、そのまま自分ごと消し去るしか方法はないと考えていた。

その時、渋谷の人込みの中に一郎彦が姿を見せ、九太は咄嗟に楓を守るように彼と対峙し、決闘が始まるのだった。

まわりは何かのデモンストレーションでも見るようにカメラを構えたりしているが、このままでは危険だと考えた九太は、代々木の方へ向かって楓を連れて逃げていく。

すると、楓が落とした本を見た一郎彦は、その姿を鯨に変え道路を海のように泳ぎながら、二人を追い詰めていくのだった。

 

・結末

一方、渋天街では熊徹が後継者争いに勝ったことを理由に、宗師に転生の権利を今すぐ譲り渡すように言い迫っていた。

宗師も含めて困惑する周囲だが、熊徹が一度言い出すと頑なに主張を変えないことを知っていたので、やむを得ず宗師はその特権を譲る。

その頃、狙い通り一郎彦を代々木競技場まで誘導した九太だが、楓と共に追い込まれてしまう。

そして、楓の「誰もが常に心の闇と戦って生きている。」という言葉を聞いて、九太は自分の闇を広げ一郎彦を取り込もうとする。

すると、突然、炎に包まれた一振りの刀が九太の前に落ちてきた。

その刀は熊徹が転生したもので、九太の胸に取り込まれるとその闇を満たしていき、九太はその炎の剣を一郎彦の闇に突き刺し粉砕するのだった。

その後、一郎彦は渋天街の自宅のベッドで目を覚ますが、あの決闘の時からの記憶をすべて失っていた。

一方、楓を連れて戻ってきていた九太は、無事に帰還したことをバケモノたちに喜ばれていた。

そして、後継者の熊徹がすぐに転生してしまったので宗師はそのままだということを知ると、九太は気づいていたが、あらためて熊徹の望んだ転生について聞く。

熊徹は九太の心の剣への転生、つまり付喪神となっていた。

すると、九太は心に熊徹を宿したまま人間として生きていくことを伝え、人間界へ帰っていくのだった。

その後、父親と一緒に暮らし大学進学を目指していた九太が、あのバケモノの世界である渋天街に足を踏み入れることは二度となかった。

『バケモノの子』の登場人物

・九太/蓮・・・宮崎あおい、染谷将太

・熊徹・・・役所広司

・楓・・・広瀬すず

・多々良・・・大泉洋

・百秋坊・・・リリー・フランキー

・宗師/卯月・・・津川雅彦

・猪王山・・・山路和弘

・一郎彦・・・黒木華、宮野真守

・二郎丸・・・大野百花、山口勝平

・チコ・・・諸星すみれ

・九太の父・・・長塚圭史

・九太の母・・・麻生久美子

『バケモノの子』の主題歌

『Starting Over』 Mr.Children

[MAD]バケモノの子~Starting Over~[Mr.Children]

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『バケモノの子』の感想

・作画がとてもきれいで、内容も面白くて最高だった。

・主人公が成長していく姿がとても心に残った。

・何度か観返していて話がわかっているのに、それでもジーンときて、考え直してしまう。

・細田守監督の作品は理屈で考えてしまうと面白くないので、なるべく先入観を持たずに無心で観た方が良いとあらためて感じた。

・何回見ても毎回感じ方が違って、感動するタイミングさえも違っていて、不思議な作品だと思う。

・結構、辻褄が合わないとか展開がおかしいなど言う人がいたけど、個人的にはそういった事も含めて、それがアニメーション作品の良い所じゃないかなぁと思った。

・公開当初はすごく面白かったのに、最近あらためて観たら面白いというよりは、何が大事なのかというのを考えさせられた。

・熊徹のような父親や、熊徹のような兄や、熊徹のような先生がいたら、きっと平和で楽しい世の中になっていると思う。

・何となく恋愛部分はいらなかったのではと感じてしまった。

・ものすごく合っていたキャストの声と、これは合っていないというキャストの声があって、その差の大きさが最後まで気になってしまった。

・思っていた以上に濃密な内容で、アニメ作品だと油断していたら、容赦なくメッセージがグサッと胸に刺さって来た。

『バケモノの子』のまとめ

孤独な少年とバケモノとの親子の絆を描いた『バケモノの子』は人気作品となる一方で、観る方や観直した時の状況によって、様々な感想が見られる稀有な作品でもありました。

おそらくこの作品には大きく分けて5つのテーマがあると思われ、少年の成長、青春期の葛藤、親子愛、師弟愛、負の感情や欲望などで、観賞した時にどの部分に注視するかによって、すべて違うように見えるからだと考えられます。

それだけ奥深く、誰もが感傷に浸れる作品だということでしょう。

あらためて、ご家族揃って観直してみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました