【見逃し動画配信】青のSPスクールポリスを無料でフル視聴(ドラマ1話から最終回)

青のSP(スクールポリス) 国内ドラマ

青のSP(スクールポリス)(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『青のSP(スクールポリス)』の動画はお試し無料期間を利用すればFOD premiumで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

2週間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『青のSP(スクールポリス)』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

2021年1月12日(火)よる9時スタート!『青のSP(スクールポリス)―学校内警察・嶋田隆平―』<60秒>

藤原竜也さんが、カンテレ・フジ系連続ドラマ初主演となるこのドラマは、佐々木充郭の小説『スクールポリス』を原案として制作されています。

あまり耳馴染みのないスクールポリスを題材に、表向きどこにでもある中学校で起きる様々な問題をあぶりだしていきます。

藤原竜也さん演じる主人公 嶋田隆平が、試験的にスクールポリス制度を導入した、公立赤嶺中学校への配属を志願し、SNS、盗撮、薬物、セクハラなどの様々なトラブルに立ち向かっていく。

「守ってやるが、容赦はしない」

教師だろうが、生徒だろうが、法を犯せば容赦なく検挙する。

毒舌で常に冷静沈着の敏腕刑事である嶋田隆平が、教師と対立しながらも事件に立ち向かう学園エンターテインメント。

果たして嶋田隆平の真の目的は…?

 

激しいアクションと爽快感のある映像で描かれる世界観の中から、今の時代を過ごす子供たちに向けられる救いのメッセージを、ぜひ受け止めて下さい。

ドラマ『青のSP(スクールポリス)』を無料で見る

ドラマ『青のSP(スクールポリス)』は

見放題作品数No1の動画配信サービスFOD premium

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ14日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上。

NHK朝ドラ・大河ドラマも対応済みで、解禁日に配信される最新作品が多く(例外あり)、楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

1つの契約で4回線を無料で利用でき、トライアル入会特典で600pt(ポイント)もらえて、多くのサービスを利用できます。

\ 今すぐ『青のSP(スクールポリス)』の視聴をする/

今すぐ14間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

青のSP(スクールポリス)(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『青のSP(スクールポリス)』のあらすじ
第1話 『日本初のスクールポリスが学校悪を裁く! 最恐の救世主誕生』

公立赤嶺中学校の教師、浅村と柴田は町の夜回りをしていた。

夜回りが終ろうとしていた時、浅村は名門私立中学校の生徒がカツアゲする場面に出くわし、止めに入ると一人の少年がナイフをかざし反抗してくる。

そこに、一人の刑事が現れ、恐喝と暴行の現行犯で全員を逮捕するのだった。

翌日、浅村は昨夜の逮捕は行き過ぎだと話しながら学校につくと、多数のTVクルーが今日から試験導入されるスクールポリスについて取材に来ていたのだ。

そして、全校集会で紹介されたスクールポリス、嶋田隆平は、皆さんを危険から守るだけではなく、法律を犯した者は生徒でも警察に突き出すと宣言するのだった。

職員室でも意見が分かれる中、嶋田は教師でも同じように対応すると話し、浅村に校内の案内をお願いする。

校内案内中に浅村は、嶋田に何故スクールポリスになったのかと問いかける。

「この学校の生徒に守る価値があるのか確かめたかったからだ。」と彼は答え、更に「価値観の多様化が危険だ…注意した方が良い、だからこの学校が選ばれた。」と忠告するのだった。

そんな時、彼女が担任するクラスで騒ぎが起きる。

駆け付けた嶋田は騒動の張本人である真田という生徒を、器物損壊と暴行で逮捕するのだった。

生徒の目の前で、しかも中学生に一方的に手錠をかけた嶋田に対して、浅村は抗議するが、彼は聞き入れない。

スクールポリス就任初日に生徒が逮捕されたことにマスコミは騒ぎ、校長は嶋田に抗議するが聞き入れられず、その授業を担当していた一ノ瀬は自分の正当性を主張。

そこに現れた浅村に真田を挑発したことを指摘された一ノ瀬は、問題児を排除して楽になりたかったと白状するのだった。

そんな時、SNSに逮捕現場の盗撮動画が投稿され、更には一ノ瀬の変態的素行も投稿される。

投稿者は、ブルーナイト。

その正体はクラスの生徒である事は間違いなく、浅村は嶋田を制止して自分が探し出すと話すのだった。

一方、嶋田はある生徒からこの学校にまつわる、妙な噂について話しを聞く。

(無念の死を遂げた人の亡霊が、校内を彷徨う…)

そんな彼は、校内巡回中に各部屋に盗聴器を設置するのだった。

嶋田は、後輩刑事の三枝に指示した調査結果から、ブルーナイトの正体に目星をつけ、浅村に話す。

そして、浅村と共にクラスの生徒、三村翔子の事情聴取を教室で始める事となる。

三村は、親友が親の収賄容疑の事件が原因で、SNSで誹謗中傷を受け自殺したことが許せず、その誹謗中傷をしていた人たちの醜態をSNSに晒し攻撃していたことを認めるのだった。

しかし、嶋田はそれだけではなく三村自身が自分の憂さを晴らす為にやっていたと指摘。

更にその行為が、SNSによる心無い暴力で人を傷つけていたと話し、それを死んだ親友は望むのかと諭すのだった。

そんな時、校内に三村のSNS攻撃にあった男が包丁片手に乗り込んできて、大騒ぎになる。

生徒が避難する中、嶋田は三村をその男の前に連れていき、怯えて動けなくなった彼女に、男が向かってくると嶋田が、撃退し駆け付けた警官が男を逮捕する。

嶋田はあえて三村を男に会わせ、自分がやった事の責任の重さと過ちに気づかせたのだ。

そして、名誉棄損で逮捕するのかと思われたが、彼女が自ら過ちを認めた事を見ると手錠をかけずに、ただ事情聴取に向かわせる。

そんな三村を見送る嶋田は、学校の妙な噂に触れ「いったい誰なんでしょうね、亡霊は…」と浅村の前で呟くのだった。

第2話 『学校内警察が撃退! 妊娠教師脅かす悪人』

嶋田隆平がスクールポリスとして赴任してから一週間が経ち、学校周辺ではスクールポリスについて意見が分かれていた。

そんな時3年2組担任の水野の机から、ハツカネズミの死骸が見つかり彼女は倒れてしまう。

水野は妊娠していた。

その事をよく思わない人間が、校長をはじめとする教師や生徒のなかにもいて、マタハラに近い発言や、SNSで2組の女子が裏アカを使い暴言を吐くなど、嫌がらせは以前から続いていたのだった。

倒れた水野を慕う1組の成田は、2組の大林を相手に嫌がらせの犯人と詰め寄り、騒動が起きると、翌日、大林の母親が水野に対して抗議に訪れる。

一方、嶋田は理科教師の青木から、学校に伝わる亡霊について、一年前に亡くなった音楽教師ではないかと聞くのだった。

その後、嶋田は、生徒名簿からハツカネズミ事件の犯人が薬学大学教授の息子三上と大林の二人による犯行と突き止め、暴れた大林を暴行の現行犯として逮捕するが、彼の狙いが別の目的であると感じる。

そんな中、愛用のポットの飲み物を口にした水野が倒れてしまう。

何者かが、高濃度のパラリーゼを混入した飲み物を入れたポットとすり替え、水野を流産させようとしていたのだった。

浅村は大林を疑うが、そこに現れた嶋田は彼が犯人ではないと話し、大林はクラスの女子から水野を守ろうとしていたことを打ち明ける。

間違えば水野自身の命も危うかった状況に、嶋田は情報を整理してある男に目をつけ、後輩刑事の三枝を使い、裏付け捜査を進める。

そんな折、水野は定期健診の帰りに、突然襲撃される。

その場に駆け付けた嶋田は水野を助け、犯人を取り押さえるとそれは教師の青木だった。

青木は、教員免許を偽造して赤嶺中学校の教師となっていたのだ。

それがバレる事を阻止しようとしていた青木は、自身の行動を正当化しようとするが、嶋田は「お腹の子だけではなく、水野自体も殺していたかも知れない…」と話し、そんなお前に教師の資格はないと否定するのだった。

こんなことが続き、水野が教師を嫌になったと口にすると、嶋田は「楽な方を選べばいい、この生きにくい世の中を教え子に引き継げばいいと…」告げてその場を後にしたのだった。

翌日、青木が検挙され辞職したことが集会で発表されると騒然となる。 その時、嶋田がマイクを取り「この学校には妊婦がいる…お腹の子には罪はない、それがわからないヤツはオレが逮捕する」と訴えるのだった。

その話を聞いた水野は、生徒に絶望を与えたくないと教師続行を決意する。

そして、今後の為に弁護士と連携するスクールロイヤー制度の導入を提案すると話す浅村に、嶋田は、この学校は何を隠蔽しているのかと、問いかけるのだった。

    

 

ドラマ『青のSP(スクールポリス)』の登場人物

嶋田隆平   (藤原竜也)

浅村涼子   (真木よう子)

三枝弘樹   (山田裕貴)

柴田透    (泉澤祐希)

阿部裕亮   (音尾琢真)

一ノ瀬悟   (石井正則)

新津清    (須賀健太)

福島美津子  (峯村リエ)

水野楓    (山口紗弥加)

小川香里   (明日海りお)

木島敏文   (高橋克実)

尾崎賢治   (升毅)

※相関図

(c)フジテレビ

ドラマ『青のSP(スクールポリス)』の主題歌

・『追い風』  SHE‘S

 

 

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ14間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

青のSP(スクールポリス)(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『青のSP(スクールポリス)』の感想
女性20代
女性20代

準備中

その他の感想はここから見れます

 

 

ドラマ『青のSP(スクールポリス)』のまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました