【仰げば尊し】の見逃し無料動画配信を全話(ドラマ1話〜最終回)フル視聴する方法

仰げば尊し 国内ドラマ

仰げば尊し(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『仰げば尊し』の動画はお試し無料期間を利用すればU-NEXTで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

31日間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『仰げば尊し』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

このドラマは2016年に放送されたドラマです。

吹奏楽を舞台に青春を駆け抜ける物語となっています。

ドラマ『仰げば尊し』を無料で見る

ドラマ『仰げば尊し』は

見放題作品数No1の動画配信サービスU-NEXT

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ30日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上あり楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

\ 今すぐ『仰げば尊し』の視聴をする/

今すぐ31日間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

仰げば尊し(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『仰げば尊し』のあらすじ
第1話『ジジイって呼ぶな!不良VS60歳の新人教師 実在した奇跡の物語』(視聴率:11.4%)

ある日、公園でブラスバンドを演奏している学生がいた。

教師が生徒に声をかけながら指導をしていく。

そんなやりとりを公園の隅から穏やかに見つめる小田桐がいた。

樋熊のような先生を我が校に迎え入れて生徒を指導してほしい、小田桐はそう思っていた。

樋熊を無事に学校に迎え入れることができたが樋熊の前に不良グループが現れる。

先生の言うことには全く耳を貸さないことが当たり前でむしろここは自分たちの縄張りで自分たちがルールだと言う始末。

そこで樋熊は真正面から生徒と向き合うことに決めた。

第2話『夢なんてダッセェ!落ちこぼれの逆襲‼︎』(視聴率:11.7%)

不良グループの邪魔により、発表会の出場が叶わなかった吹奏楽部の生徒たちはどこか気まずい雰囲気が流れる。

そんな時でも樋熊は初めての舞台をどうするか悩んでいた。

そこへ副部長の井川が全国の吹奏楽部コンクールを目指してみないかと提案を持ちかけた。

大きな目標を持ち大きな一歩を踏み出そうとした瞬間、また不良たちが暴れ出した。

これには先生たちも頭を悩ませており、次に問題が起きれば退学処分にすると言い出した。

第3話『いくじなしの卒業』(視聴率:9.9%)

青島たち不良グループとかつて彼らと喧嘩をしていた先輩に当たる陣内がまた喧嘩を始めてしまう。

その間に二人が拉致されてしまったが青島と木藤は二人を助けに行った。

争いを止めに入った樋熊だがそのまま警察沙汰になってしまい、さらには二人を退学処分にまで持ち上げられる事態となってしまう。

一方吹奏楽部では全国大会に向けて練習することに。

そこで樋熊はある妙案が浮かび、楽器ごとにパートリーダーを決めて練習するのはどうかといった。

第4話『先生の命の炎』(視聴率:9.9%)

樋熊の娘が教育実習で美崎高校に来ることとなり吹奏楽部にも来てくれることになった。

娘が来てくれたことによりますます意欲を出した樋熊。

だが生徒たちはなかなか息が合わず音がバラバラだった。

そこで吹奏楽部一向は合宿に出かけることになった。

合宿先では音楽の名門校、明宝高校も参加しており彼らの演奏は凄まじいものだった。

第5話『余命宣告への挑戦』(視聴率:9.3%)

合宿から無事に帰ってきた吹奏楽部の面々だったがここで井川の喫煙問題が教頭の耳に入ってしまった。

樋熊と娘の説得でコンクールの出場辞退は免れたものの、吹奏楽部は10日間の活動停止処分を言い渡されてしまう。

コンクールまで残り1ヶ月しかないが10日間も練習ができないことに焦りを覚えていた。

学校で練習ができなければ外ですればいいと樋熊がいう。

そしてもっとお互いに親睦を深めるためにと樋熊は部員を自宅へ招待することにした。

第6話『先生の命の授業』(視聴率:9.3%)

樋熊がすい臓がんのため自宅で倒れた。

すぐにでも手術をと願う娘とは反対にもうすぐコンクールがあるからそれまでに退院出来なかったら嫌だと樋熊自身は手術を拒否。

さらに、コンクールまでは病気のことは生徒たちには内緒だといった。

その頃学校では木藤の留学願書の日が迫っていた。

それはコンクールの日にちとかぶっていたが木藤は留学よりもコンクールにみんなと一緒に出たいと言った。

第7話『最終章〜奇跡の勝利 先生の最後の決意』(視聴率:10.6%)

いよいよコンクール当日がやってきた。

今までやってきたものを出し切り吹奏楽部と樋熊は見事、県大会へ進むことができた。

1人、留学に向けて勉強中の木藤は仲間からの報告に胸を撫で下ろすのだった。

生徒たちが喜んでいた裏で樋熊は病院で腫瘍が転移しているかもしれないと知らされた。

このままではとても指揮をすることができない。

だから代わりに県大会では娘の奈津紀が指揮をすることに決まった。

第8話『別れた奇跡』(視聴率:12.2%)

樋熊は無事手術が成功し、目を覚ました。

病室では吹奏楽部の面々が揃っており県大会も突破することができたことを伝える。

そして大会に参加するため留学を延期することに決めた木藤もそこにいた。

こんな快挙はこの学校ではなかったため新聞にも取り上げられるほどだった。

樋熊が帰ってくることを信じて練習を続けていた生徒たちだったが次の大会でも樋熊は欠席せざるわ得なくなった。

ネタバレ

樋熊は病状がすでに進行しており手術をしても意味はないと言われた。

手術をしない場合、余命は後半年となる。

吹奏楽部のみんなは先生のために千羽鶴を折った。

ドラマ『仰げば尊し』の登場人物

樋熊迎一   (寺尾聴)

樋熊奈津紀  (多部未華子)

青島裕人   (村上虹郎)

有馬渚    (石井杏奈)

安保圭太   (北村匠海)

ドラマ『仰げば尊し』の主題歌

BUMP OF CHICKEN 「アリア」

BUMP OF CHICKEN「アリア」

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ30日間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

仰げば尊し(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『仰げば尊し』の感想
女性20代
女性20代

設定としては、主演の先生とメインの生徒が数名いる王道な組み合わせで、想像がついてしまう展開ではありますが、すぐに大きな事件ばかりが起き解決していくような早足なドラマではなく、この作品のように、じっくり生徒をみていくほんわかした学園ドラマがとても懐かしく感じました。

放送当時も見ていたのですが、改めて見直すと今活躍されている方々も出演されているので、TBSのキャスティング力は、やっぱりすごいなと思います。
学園ものには涙腺が弱い傾向があるのですが、最終話の「仰げば尊し」を生徒たちが演奏するシーンでは涙してしまいました。

8話構成であり、かつ一気に観てしまったのでもう少し浸りたいとは思いましたが、とても綺麗にまとまっていた作品です。

王道な学園ドラマのようではありましたが、実話を基に作られた作品でもあり、大人になってからみても素直に感情移入ができるだろうなと思いました。

こんな先生に出会えてたらな、と思った視聴者は沢山いたと思います。
「仰げば尊し」:このタイトルもとても良いなと思いました。

多部未華子さん演じる奈津紀の、しっかりした大人に見せつつも親子のシーンでだけ見せる娘らしさ(可愛らしい部分)が、なんだか分かるな、、と思ってしまいました。

(親子の会話ってこんな感じだなと。)多部さんは個性的な役を演じられることが多いですが、いわゆる[普通の家庭の娘]を演じながらも、大人の綺麗さもにじみ出ているので、多部さんの良さがまた一つ分かる作品だと思います。

その他の感想はここから見れます
女性20代
女性20代

若手俳優さんたちが集まったキラキラとした青春を感じさせるドラマでした。

不良たちが先生の影響で吹奏楽に挑戦し、どんどんと心が変化していくという現実ではなかなか起こりえないストーリーですが、俳優さんたちの演技がとてもリアルだったので、どんどんとはまっていきました。特に素晴らしかったのが村上虹郎さんの演技です。

かっこよく、どこか闇を抱えているようなイメージだったので、不良役がとても似合っていました。

普段は無口ながらも、たまに発する言葉や、暴力的や行動は迫力があり、見ているだけで圧倒されてしまいました。

そんな村上さんが演じる青島が樋熊先生の不思議な力によって段々と心を開いている様子を見ていると嬉しくなりました。

そして多部未華子さんの演技も光っていました。

このドラマをより盛り上げてくれたように思います。

樋熊先生が病気になってからも多部さん演じる奈津木の存在があったので、生徒たちの心も見ている私たち心も支えられました。

女性20代
女性20代

ヤンキー作品が結構好きなのでこの作品も日曜劇場の時間にはあまり見ない感じのヤンキーと先生の話だったのですごく楽しみでした。

まさかのヤンキーたちが吹奏楽部に入部することになるとは思っていなかったのですごく衝撃でしたが、最終回まで観終るとすごく心が温まる作品で感動しました。

結局どんな部活であろうと先生とヤンキーたちが更生する作品って最高だなと感じました。

先生にあんな生意気な態度がとれるのってなんでなんだろうなと毎回最初思うのですが、更生して先生と仲良くなってからの友達にみたいに接する感じがかわいくて仕方ありません。

この作品で一番注目していたのが新田真剣佑さんだったのですが、トランペットを吹いている姿も金髪の髪型もすべてにおいて最高すぎてかっこいいなと思っていたし一番注目して観ていました。

真面目ちゃんしか入らない雰囲気の吹奏楽部の雰囲気をぶっ壊してきたところにはさすがにいらいらしましたが最終的には平和で安心しました。

女性30代
女性30代

ベタな感じのヤンキーの学校ではありますが、それでも教師が声をかけて吹奏楽を始めようと生徒を集めているのですが、殴られてまでも生徒に入ってほしいのって相当な気持ちだと思いました。

吹奏楽の甲子園ってかなりの過酷なことではありますが、野球の甲子園並みにとても狭き門でしか全国大会に行けないです。

バンドをやっていたから音楽をやって変わってほしいという教師の考え方はきっと間違ってはいないと思いますがだいぶ言いすぎている面もあるようにも思ってしまいました。

荒れ果てているバイクを乗り回している子たちが将来の不安を抱えたまま卒業してほしくないというのはわかりますが、ちょっと無理やりすぎるところもあるようにも思ってしまいました。

しかし、何かに熱中していくことって変われるきっかけにもなるので吹奏楽を始めるということだけではなく、生活をしているときに何かを始めようとしている方にも心に響いてくれるんだと思います。

何かを始めるのにはいつでも大丈夫という熱い気持ちが伝わってきました。

女性30代
女性30代

バイクを運転している自時点でかなりのヤンキーの高校生だなと思いました。

しかも2人乗りをしていて演出的にはヤンキーの学校というのがよくわかります。

しかし、教師はあきらめずに彼が吹奏楽に入ってくれたらいいと思ったセンスもあるんだと思いました。

先生は生徒の為に動こうとしていますがそれに応えようとしてくれないというところはよくある話だと思いました。

しつこくしつこく部活を進めていましたが、進められていなくても時々お店のガラスケースに入っているトロンボーンを見ている様子もあって本当は音楽がやりたいんだなということもわかりました。

友達と遊んでいた方が自分らしいのか、そんな女子みたいな部活に入るということが嫌なのか葛藤していたのではないかと思いました。

高校生ならではの青春の時だったので大学生になった李、そのまま就職してしまったら、何もできずに仕事ばかりになってしまうと思ったのではと思いました。

余計なお世話かもしれないですが先生の目の付け所は良い感じに違うなと思いました。

女性30代
女性30代

度肝を抜かれたり、大笑いをしたりすることがない分、後味すっきりさわやかに見ることができる、質の良いエンターテイメントでした。渋い大人の俳優と、さわやかな若手俳優のコラボレーションもとてもよかったです。

監督は数多くのヒット作品を生み出した方とのことで、どうりで連続ドラマなのにちょっとした映画を見たような感動が味わえるのだと納得しました。

青春ドラマはとにかく面白おかしく、というのもいいのですが、メッセージ性があってかつ重すぎない、という点でちょうどいいバランスがとれたドラマでした。

一つのことに打ち込んでいくうちに、自分のやりたいことが見つかったり、仲間との絆が生まれたり、先生と生徒の信頼関係が構築されたり、と誰もが一度は学生時代に経験したような要素が丁寧に描かれているのも良かったと思います。

海辺や学校周辺の普通のなんでもない景色が改めて日本の素朴な良さを感じる要素にもなって素敵でした。

皆さんに見てもらいたいドラマです。

女性30代
女性30代

学園青春ドラマは本当に数多くありますが、実話を元にしているというのがこのドラマを見たいと思ったきっかけでした。

恩師の努力と音楽の力で生徒たちが徐々に変化し、自分のやりたいことが見つかって大人への一歩を踏み出していく、というストーリーはありがちですが、多少アレンジはされているとはいえ、現実にこんなことがあったのかと思うと感動させられます。

ずっと目指していた大会で優勝してしまうのではなく、いまいちな結果で終わってしまう、というのも実に現実的でした。

悔しい経験や苦い経験を自分の人生の糧にしていく、というのは青春ドラマのだいご味ではないでしょうか。

どこにでもありそうな学校や街並みが映し出されるのも、特別感がなく、見ている人が自分の学生時代に重ね合わせることができた点だと思います。

先生が病気を抱え、最終的に亡くなってしまったのは残念な点でしたが、つらい出来事に直面しても若者が現実を知って乗り越えていく力に変えるというさわやかさが残り、いいドラマでした。

女性20代
女性20代

音楽を通じて心がつながっていくドラマで素敵だと思いました。吹奏楽部だった私は興味津々になってみていました。

またEgirlsの石井杏奈ちゃんの演技もよくて見入ってしまいました。

他にも真剣佑さんや北村匠海さんといった今話題のイケメン俳優さんたちがかっこいいです。

先生役の多部未華子さんと寺尾聴さんがドラマの中で親子なのですが本当の親子のように見えたのが特によかったです。

寺尾さんの眼差しだったり、話し方が優しくて実際にこんな先生に教わってみたいと思ってしまいました。

とってもあったかい気持ちになれるドラマです。

初回では不良グループの過激なシーンもあってハラハラしながら視聴していましたが、最終回は感動して最後までみていて本当によかったなぁと思えました。

余談ですが、村上虹郎さんのファンになりました。

色気がすごいというか少年役なんだけど雰囲気が大人に感じられてドラマを見ていて何度もどきっとしてしまいました。

ドラマ『仰げば尊し』のまとめ

高校生活は一度しかやってこないので悔いのないように過ごしてほしいと思います。

夢に向かっていく生徒たちはとてもかっこいいと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました