アライブ がん専門医のカルテ 見逃し無料動画配信(ドラマ1話~最終回)フル視聴

アライブ がん専門医のカルテ 国内ドラマ

アライブ がん専門医のカルテ(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』の動画はお試し無料期間を利用すればFOD premiumで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

2週間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

松下奈緒 フジテレビ木10新ドラマは「居心地がいい!」😀『アライブ がん専門医のカルテ』

今作は、倉光泰子のオリジナル脚本で、ガンのスペシャリストの腫瘍内科の医師が外科医と協力をして治療を行っていくお話です。

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』を無料で見る

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』は

見放題作品数No1の動画配信サービスFOD premium

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ14日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上。

NHK朝ドラ・大河ドラマも対応済みで、解禁日に配信される最新作品が多く(例外あり)、楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

1つの契約で4回線を無料で利用でき、トライアル入会特典で600pt(ポイント)もらえて、多くのサービスを利用できます。

\ 今すぐ『アライブ がん専門医のカルテ』の視聴をする/

今すぐ14間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

アライブ がん専門医のカルテ(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』のあらすじ
第1話『原発部位が不明のがん』(視聴率8.4%)

ガン治療の専門である腫瘍内科医の心は、たまたま倒れている患者のカルテを見たらガンではないかと思ったので、内緒で検査をしようとしたら、誰かが検査をした後であった。

先に検査をしていたのは、梶山という消化器外科医だった。

心の夫・匠は事故による意識不明で3ヶ月の入院をしていましたが、現実を受け止められない心は、自分より辛い境遇の人に会おうと家族会に行っていて、そこのスタッフの一人に梶山がいた。

原発不明ガンの女性に投薬治療を進めたが、女性の彼が若年性認知症なので、彼の病気が進行する前に彼との思い出を作りたいと手術を希望したので、梶山が手術をして成功した。

梶山は、心の夫の手術に携わり心に隠していることがあって、心の勤めている病院を調べて転籍をしてきた。

第2話『知られざる、男性の乳ガン』(視聴率7.7%)

心は、診察をしていた乳ガンの女性が、会社に報告ができなかったり、友達の妊娠で、おかしくなったりするのを必死に受け止めていました。

そして、乳ガンの女性と梶山を会わせて、乳ガンの治療をしても前の生活と変わらずに生活ができるのだと伝えた。

女性は治療をすることを決めた。

梶山は、家族会での心が気になり、夫のこともあり、心をサポートしたいと転籍をしてきたのだが、義父が夫の意識は戻らないと諦めていると愚痴を聞かされてどうしたらいいか困ってしまった。

家族会も自分が心に教えたことも知っていて、梶山は夫の手術で起きたことを話すべきか悩んでいた。

第3話『愛する家族との最期の時間』(視聴率8.4%)

肺がんの女性の容態が悪化して、このまま抗がん剤を続けるか、緩和ケアをするかの選択で医師たちの意見がまとまらなかった。

心はまだ抗がん剤治療をしたいのだが、女性にとってはどうなのだろうと悩んでいたが、梶山はそんな心の心の支えだった。

肺がん女性は家族と話し合い、死を受け入れている女性のために残りの人生を在宅医療という形で家族と過ごすことになった。

心の夫の容態が急変して亡くなった。

梶山は須藤からの連絡で病室を訪れ、泣いている心に聞こえない声で謝っていた。

第4話『愛する人の死の受け入れ方』(視聴率6.1%)

夫が亡くなった悲しみを仕事で紛らわす心と酒に酔って警察のお世話になる義父・京太郎は、自分なりの悲しみ方をして紛らわせていた。

義父を認知症だと決めつけたり、患者のことを考えた治療ができなかったりと心は気持ちを安定させることが出来ていなかった。

京太郎は最愛の息子が亡くなったことで、自殺をしようとしていましたが、心から認知症だと決めつけていたことを詫びる着信で、未遂にすることができた。

梶山は記者の関河に匠の手術は医療ミスではないかと聞かれていた。

第5話『離婚調停中の母と希少がん』(視聴率7.2%)

心の元に梶山のところにも来た記者が梶山のことを聞いてきたが、心は梶山を心配して知らせた。

粘膜型脂肪肉腫の女性患者が、夫との息子の親権を争っているところだから、仕事のために入院しないでの治療の期間はどれくらいなのかと心に聞きにきた。

息子を取られたくない女性の気持ちを理解した心は、治療の間だけ、夫に親権を渡して治療に専念することを夫も息子も了承していると話し、女性の治療に対する思いを前向きに転換することができた。

梶山は父親を医療ミスで亡くし、その医療ミスをした医師が亡くなったと聞かされる。

謝りたくても病院に止められていたと聞かされた梶山は、自分も心に対して伝えなければいけないと思った。

聞かされた心はせっかく信頼できる人ができたのに裏切られたような心境になった。

第6話『がんの標準治療と民間療法』(視聴率7.4%)

心は梶山を避けるようになった。

梶山は心を支えるために転籍をしてきたので、これでは意味がないと辞めようとしていた。

胃ガン患者の女性に抗がん剤を提案するとその父から、水を飲めば治るという病院へ転院させると言われる。

しかし、転院を考えていた病院のスタッフが捕まって、胃ガン患者の父は心に治療を頼むのであった。

心は関河から、須藤の医療ミスを梶山が被っていたと知らされて梶山に謝罪をしたが、梶山は須藤に騙されていたことにショックを受けた。

第7話『がん再発の父と引きこもりの息子6030問題』(視聴率6.0%)

心は須藤を調査委員会に話して医療ミスを認めさせようとしたが、認められなかった。

肺に転移をしたガン患者の男性に入院を進めた心でしたが、男性は引きこもりの息子が心配で入院はしないと言う。

数日後、引きこもりの息子の連絡で救急車に乗って運ばれてきた男性と付き添っていた息子。

心は息子に父の病状を説明して、男性が集めていた求人を見せたりと息子の気持ちが変わるように説得をすると、息子は外に出られるようになった。

須藤は心に匠の手術で起きた事実を話した。

須藤は梶山に責任を押し付けたことを後悔している様子だったので、心は許しはしないけど、前を向いていこうと決めた。

第8話『18歳の少年が抱えるがん』(視聴率5.7%)

男子高校生が胚細胞腫瘍の再発で入院をしてきたが、今回が2回目の再発だったので、冷めたような諦めているような態度をしていた。

研修医は患者が交流できるイベントを企画して、男子高校生も参加をしたが、小さい頃に笑顔が人を幸せにする力があると言われたことを思い出して、笑顔を見せるようになった。

梶山が病院を辞めようとすると、心は、自分にも患者にも腫瘍内科にも梶山は必要だと話し辞めることを止めさせた。

第9話『妊娠中にがんになったらー』(視聴率6.4%)

妊娠4ヶ月で切迫流産と診断された女性に多発性肝移転が見つかった。

女性は5年前に大腸がんの腫瘍を摘出していた。

女性に妊娠の継続は厳しいと話すと女性も夫も中絶はしないと言う。

しかし、女性の容態が悪化してしまい、梶山が手術をしたが、抗がん剤は胎児に影響があると説明を受けて、女性は離婚をしようと夫に告げた。

夫との結婚の条件に、子供が生まれなかったら離婚と言っていたのだというが、夫は離婚には応じず、二人で乗り越えようと誓った。

第10話『すい臓がんと、最後の試練』(視聴率6.9%)

すい臓ガンが見つかった男性の兄が心のいる病院より、腕のいい医師のいる病院に転院をさせたかったが、断られてしまった。

手術をしてみるとガンがたくさん見つかり、すべてを取り除けなかったが、心は治療をしていきましょうと男性を励ました。

心は国立ガン医療センターへの異動を推薦された。

梶山は心に乳ガンが再発したから一緒に治してほしいと話した。

最終話『乳ガン再発を乗り越えて』(視聴率7.0%)

心は梶山から乳ガンの再発を聞いて衝撃を受けたが、梶山が仕事をしながらガンと向き合っていくというので、応援しようと決めた。

食堂ガンの手術を梶山がすることになったのですが、抗がん剤があまり効いていなかった梶山は、苦しんでいました。

食堂ガンの手術は他の医師がやりましたが、梶山は倒れて手術を受けた。

心は梶山を支えたいと国立ガン医療センターへの異動をやめましたが、推薦してくれた上司のお陰で、3年後梶山が仕事に復帰したときに異動して、ガン患者と向き合っていた

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』の登場人物

恩田心   (松下奈緒)

梶山薫   (木村佳乃)

恩田匠   (中村俊介)

須藤進   (田辺誠一)

恩田京太郎 (北大路欣也)

関河隆一  (三浦翔平)

※相関図

(C)フジテレビ

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』の主題歌

須田景凪『はるどなり』

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ14間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

アライブ がん専門医のカルテ(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』の感想
女性20代
女性20代

準備中

その他の感想はここから見れます

 

 

ドラマ『アライブ がん専門医のカルテ』のまとめ

様々なガンと治療法がでてきますので、もし自分や家族がガンになったときのことを考えて、すこしでも知識として持っていられたらなと考える方におすすめの作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました