愛という名のもとに 無料動画配信(ドラマ再放送~最終回)フル視聴/

国内ドラマ

愛という名のもとに(ドラマ)の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『愛という名のもとに』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

1992年に放送されたフジテレビ制作のTVドラマ『愛という名のもとに』は、数々のヒット作を生み出した野島伸司さんが脚本を務めています。

主演の鈴木保奈美さんを始め、唐沢寿明さん、江口洋介さんなど人気俳優が勢揃いしたことで大きな話題を呼び、平均視聴率24.7%を記録する大ヒット作品となりました。

また、不倫、汚職、パワハラなどを赤裸々に描いており、社会派ドラマの先駆けとも言われています。

学生時代の友人関係から続く、大人の青春群像劇をご紹介いたします。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

愛という名のもとに(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『愛という名のもとに』のあらすじ

・再会

青春を共に過ごした男女7人の仲間。

彼等は大学時代の恩師の葬儀で3年ぶりに再会し同窓会のようになるが、それぞれが色々な事情を抱えており、以前のような感じには戻れなかった。

 

・失った仲間

そんな時、仲間の一人でモデルの斎藤尚美が自殺を図る。

アメリカから帰国した神野時男が発見し大事には至らなかったが、彼等は彼女の抱える心の葛藤の大きさに気づき、何故、仲間なのに寄り添えなかったのかと悔やむのだった。

しかし、大きな悩みを抱えていたのは彼女だけではなく、それぞれが仕事や家庭で苦悩しており、互いに寄り添いきれなかった彼等は、ついに仲間の一人を失ってしまう。

亡くなった友人が仲間だけを誇りに思っていたことを知った彼等は、あらためて見つめ直し、それぞれが支え合いながら前を向いていくのだった。

『愛という名のもとに』のネタバレ

・7人の仲間

大学を卒業してから3年。

ボート部の顧問である恩師が亡くなり、離れ離れになっていた仲間が久しぶりに集まっていた。

高校の教師をしている藤木貴子。

現在は代議士である父親の秘書を務め、将来の政界進出を目指す高月健吾。

デパートに勤めている愛称ノリこと飯森則子。

区役所で勤務しながらも作家を目指している塚原純。

皆にチョロと呼ばれるのを嫌がる証券マンの倉田篤。

この5人が同窓会さながらに近況を話し合っていると、今や人気モデルとなった斎藤尚美が遅れてやって来るのだった。

貴子と健吾の結婚が決まった事などが話題となる中、深夜12時を前に尚美は明日の仕事の為に帰っていく。

懐かしい再会を果たした彼等だが、共に過ごしたあの青春時代のような雰囲気になることはなく、結局、神野時男は姿を見せなかった。

この時アメリカから帰国したばかり時男は、久しぶりに会う仲間に胸躍らせており、最初に純を訪ねるが「変わらないのはお前だけだ」と言われてしまう。

その後、他の仲間とも再会した時男は彼等の現状に戸惑いを見せる。

皆何かしら悩みを抱えており、チョロは業績を上げられず悪戦苦闘し、則子は仕事への不満を抱えながら相変わらず男性関係に悩まされていた。

一方、貴子との結婚が決まっていた健吾は、貴子の母親の元へ向かっていた。

その頃、割とサバサバした性格の尚美は大丈夫だろと彼女のマンションを訪れた時男は、ガス自殺を図ったばかりの彼女をみつける。

尚美は産婦人科医の橋爪五郎と不倫関係にあり、その報われない恋に苦しんでいたのだった。

時男は彼女の病室に姿を見せた仲間たちに「尚美の苦しみに気づいてやれなかったのか」と声を荒げるが、健吾は「お前みたいに、いつまでもガキじゃない」と反論する。

だが、そこに集まった彼等は、誰も仲間の苦しみに寄り添えなかったことを悔やむのだった。

 

・すれ違いと苦悩の連続

尚美は何とか一命を取り留め、病室に集った彼等は安堵の表情を見せる。

だが、尚美の不倫相手である橋爪に対して納得のいかない時男は、彼の元を訪れ彼女の自殺未遂のことを口にすると、100万円脅し取った。

帰国したばかりで職探し中の彼は、その資金にすると言っていたが、実のところは7人の中で一番情に熱く、時男は尚美の報いを受けさせたかっただけだった。

そして、彼女が元気になると行きつけの店に集まり快気祝いを開くが、尚美は時男にお金を返すように詰め寄り、その場は静まり返ってしまう。

一方、上がらない業績の事で常日頃から上司に罵られ続けていたチョロは、どうしようもない不安と恐怖に蝕まれ、ギリギリの所まで追い込まれていた。

そんなチョロは健吾を訪ねると、彼の父である代議士の健蔵の所有する株を預からせてほしいと土下座して頼みこむ。

だが、健吾にそれは無理だと冷たくあしらわれると、「お前はずっとオレの事をそうやって見下していた」とチョロは憤りを見せるのだった。

チョロの言葉が胸に引っ掛かったまま貴子とドライブに出かけた健吾は苛ついており、言い争いになると「息が詰まる」と口にしてしまう。

すると、貴子から結婚を考え直すと告げられるのだった。

そんな中、作家を目指す純と会った則子は、落ち込み気味な彼の様子に流されるように、ホテルへ誘い一夜を共にすると、その時に貴子を巡って健吾と時男が大学時代に勝負していたことを知る。

その後、時男がテレクラまがいの商売を始め未成年雇用で逮捕された時など、事ある毎に彼等は集まるが、大学時代のように互いに寄り添うようなことはなかった。

そんな時、則子が純の子供を妊娠したことが判明するが、純は素っ気ない態度を取り、彼女は堕胎する為に産婦人科へ向かう。

則子に付き添っていた貴子から連絡を受けた尚美は話を聞くと、男達に召集をかけるのだった。

その席で健吾は、父健蔵が貴子との結婚を破談にし、別の有力者の娘との結婚を決めたと打ち明ける。

それを聞いた時男は激怒して健吾に殴り掛かるが、自身でも行きようのない怒りともどかしさを抱えており、健吾は一切抵抗しなかった。

こうして仲間たちは、すれ違いを続けていくのだった。

 

・失ってしまった仲間

その後も彼等の迷走は続いていた。

時男は、医療機器販売の会社に就職するも一週間でやめてしまい、今は何とかパチンコ屋で働いている。

貴子は、長期欠席していた生徒の事で頭を悩ませていたが、時男の助言もあり何とか登校させられるようになるも、生徒の為に自分が企画したことに自信が持てない。

尚美は、不倫相手の橋爪から若い男を紹介され激怒した勢いのまま、則子に酷い言葉を浴びせて傷つけてしまう。

則子は、お見合いを勧めてくる両親に妊娠を打ち明け純と結婚すると話すが、純の方は両親に婚前交渉を咎められ結婚が疎ましくなっていた。

健吾は、健蔵が地元の業者と癒着して推し進めるゴルフ場開発により、環境破壊されていくことに心を痛めるが、何も出来ない自分へのもどかしさを募らせていた。

そんな中、彼等に激震が走る。

チョロが、行方不明の末、自殺してしまったのだ。

チョロはバーで中年男に絡まれていたJJというフィリピン人女性を助けたことをきっかけに、彼女にのめり込み、会社の金を横領して騙されたことを知ると、今まで散々罵倒されてきた上司に暴力を振るい行方を眩ましていたのだった。

そして、貴子にかかってきたチョロからの電話で、彼がずっと劣等感を抱き続けてきたことを知ると、皆でチョロを懸命に捜しまわるが見つけた時には、もう既に遅かった。

上京してきたチョロの両親から、彼にとっては仲間だけが唯一の誇りだったと聞かされると、彼等は深い哀しみにありながらもチョロの想いに応えようと決意し、自分達の道と正面から向きあう事を誓うのだった。

則子は子供を産んで育てていく事を決め、純も手話ボランティアに生き甲斐を見つけ紀子と共に歩んでいくと決心した。

尚美は不倫関係を清算しようと考え、貴子も教師としてもっと前向きに取り組んでいこうとする。

そして、一人悩んでいた健吾は、健蔵と地元の業者の癒着を内部告発するのだった。

 

・結末

代議士として活躍していた実の父親を告発したことに落ち込む健吾を、彼等はその行動を称え、励ます。

そんな中、不倫の清算を考えていた尚美だが、自分が報われなくてもその愛に生きていくと決意すると、その気持ちを橋爪に伝えていた。

その後、貴子と時男は鹿児島にあるチョロのお墓参りに来ていた。

そこで時男は選択肢の一つとして貴子が自分を選んだことに触れると、彼女との別れを暗に伝え、一獲千金を狙って海外に渡る事を告げる。

そして、時男は戻るとそのままアルゼンチンに向けて旅立っていった。

日常に戻った貴子は、母も再婚して離れていったので、皆から一人になったことを心配されるが、大丈夫と元気な姿を見せる。

けれど、それはただの強がりで、ふとした時にどうしようもない孤独感に襲われてしまう。

歩いてきた並木道で涙を流し立ち止まっていると、背後から仲間たちの声が聞こえてくる。

振り返った貴子の目の前には、健吾、時男、則子、純、尚美、そしてチョロの姿があり、仲間たちは「大丈夫、一人じゃない」とそれぞれに声をかけてきた。

貴子は、いつまでも変わらない仲間がいると実感し、これからも支えあっていくのだと笑顔を見せるのだった。

『愛という名のもとに』の登場人物

・藤木貴子・・・鈴木保奈美

・高月健吾・・・唐沢寿明

・神野時男・・・江口洋介

・飯森則子・・・洞口依子

・塚原純・・・石橋保

・斎藤尚美・・・中島宏海

・倉田篤(チョロ)・・・中野英雄

・高月健蔵・・・竜雷太

・藤木清絵・・・佐藤オリエ

・倉田澄子・・・北村昌子

・上園美和・・・夏川結衣

・JJ・・・ルビー・モレノ

『愛という名のもとに』の主題歌

・主題歌

『悲しみは雪のように』(ドラマ用リメイクVer,)浜田省吾

・挿入歌

『愛という名のもとに』 浜田省吾

『ラストショー』 浜田省吾

『J.BOY』 浜田省吾

『友よ』 岡林信康

『私たちの望むものは』 岡林信康

『フォー・フレンズ(THAT’S WHY I CALL YOU MY FRIEND)』 ダイアナ・ロス

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『愛という名のもとに』の感想

・大人になっても青春出来るのだと感じさせてもらった。

・社会に出てしまうと学生時代のような関係に戻れないという、あの何ともいえない心情にすごく共感できた。

・かつてのシングル曲であった『悲しみは雪のように』は、このドラマに合わせてリメイクされたのですが、元々大好きな曲だったので、自然と物語に惹きこまれていきました。

・当時は気にならなかったのですが、今観なおすと色々な事に時代の移ろいを感じてしまう。

・青春時代の切なさともどかしさが詰め込まれていると感じた。

・女性に対する扱いや上司との軋轢に、現在との価値観の違いを実感した。

・忙しくてなかなかTVを見る事さえ難しいなか、このドラマだけは見逃さないように必死になっていたのを思い出します。

・チョロの最期を見て、少しでも追い詰められている人の声に気づけるようになりたいと思った。

・仲間との絆は永遠というのはちょっと強引に感じたけど、個人的にはそこが一番好きです。

・作中に繰り返されるボブ・ディランの詩が印象的。

・何となく抽象的に描かれている最後が、ちょっともどかしく感じた。

・「卒業して社会に出るのが怖かった。だけど今は社会から出るのが怖い。」、この言葉は今でも強く印象に残っている。

『愛という名のもとに』のまとめ

青春のすべてを語り尽くしたような本作品『愛という名のもとに』は、世代を問わず多くの方に揺るぎないテーマを感じ取ってもらえる作品です。

綺麗な部分だけではなく心の醜さや弱さも赤裸々に描かれており、まさに人間そのものを表現していると言っても過言ではないと思われます。

また、物語を彩る音楽が素晴らしく、特に浜田省吾さんの楽曲は印象に残っている方が多いでしょう。

とても30年程前の作品だとは思えず、名作というのは時代を気にせず愛され続けるのだとあらためて感じさせてくれます。

決して色褪せることのない青春の世界に、あなたも惹きこまれてみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました