相棒season7の見逃し無料動画配信を全話(ドラマ1話〜9話)で視聴する方法

相棒season7 国内ドラマ

相棒season7-前半-(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『相棒season7-前半-』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

相棒season7

大人気ドラマシリーズがseason7として放送された。

天才的な頭脳をもつ刑事・杉下右京と熱血刑事・亀山薫が抜群のコンビネーションで難事件に挑んでいく。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

 

相棒season7-前半-(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『相棒season7-前半-』のあらすじ
第1『還流~密室の昏迷』(視聴率:17.9%)

小野田官房長の誘いで、代議士・瀬戸内のパーティーに参加した右京と薫。

薫はそのパーティーに参加していた高校時代の友人を見つけ、彼の部屋をたずねる。

しかし、不在だったためそのまま部屋を後にした薫だったが、翌日その友人が遺体となって発見されるのだった。

殺害された友人・兼高は、NGOのスタッフとして海外で活動していて、今回なぜ日本に戻ってきていたのかも理由が分からなかった。

そして、事件の真相をつかむため特命係がアジアへと向かう。

第2話『還流〜悪意の不在』(視聴率:19.7%)

特命係の活躍で、薫の友人である兼高を殺害した小笠原の逮捕にこぎつけたが、事情聴取をうける小笠原は殺害動機などの真相を語らず黙秘を貫いていた。

その動機を解明するべく捜査を続ける特命係は、兼高の手帳に残されていた「シンガポール 空」というメモに目をつける。

そして、小笠原の部下である田坂がスイスで拘束されたことで、小笠原が遂にある真相を話始めるのだった。

小笠原から語られる事件の真相と、隠された黒幕の正体があかされる。

第3話『沈黙のカナリア』(視聴率:15.0%)

ある日、議員会館の一室で爆発事件が発生する。

爆弾が持ち込まれた部屋は後藤新次議員の事務所で、爆弾に巻き込まれた後藤の秘書が死亡していた。

厚生労働大臣の大臣政務官になったばかりの後藤には、多くのお祝いの贈り物が届けられおり、爆弾はその贈り物を装って届けられていたのだ。

捜査に乗り出した右京と薫は、その爆弾が後藤を狙ったものなのか、それとも死亡した秘書を狙ったものなのかを調べながら、犯人を突き止めていく。

第4話『隣室の女』(視聴率:20.7%)

山中で白骨化した遺体が発見される。

遺体は、6年前に失踪した男性だと判明し当時付き合っていた女性・あけみが容疑者として浮上する。

しかし、殺害に使用されたとみられる凶器から発見された指紋は、あけみとは別人の物と判明し逮捕には至らなかったのだ。

そしてあけみの供述にどこか違和感を覚えた右京は、薫と共に捜査を開始する。

するとかつてあけみが住んでいたマンションでは、あけみの隣人が青酸カリで自殺するという奇妙な事件が起きていたことが判明。

果たして、隣人の自殺と6年前の男性の失踪には関りがあるのか。

第5話『顔のない女神』(視聴率:17.3%)

あるラジオ局の前で、人気DJの春香が何者かに刺されるという事件が発生する。

ストーカーによる犯行として捜査が開始するなか、本来ならば休みのはずの春香がラジオ局を訪れていた事を知っていたストーカには、共犯者が存在するのではないかと疑う右京。

それは、内部事情に詳しい人間でなければ得られない情報だったのだ。

刺された春香が、伊沢ローラが担当する10年以上続く人気番組の後番組を担当することが決まっていたことから、特命係の二人はある人物に目をつける。

第6話『希望の終盤』(視聴率:15.7%)

タイトル戦を戦っていた一人の棋士が遺体となって発見された。

最終局の前夜、屋上から何者かに突き落とされた可能性が浮上し、他殺として捜査にのりだした特命係。

そして荒らされている被害者の部屋をみた右京と薫は、犯人が将棋に詳しい人物なのではないかと推測する。

そこで、殺された棋士とプロ棋士の養成所で同期だった大野木と畑の2人に詳しい事情を聞くことにした右京と薫。

果たして、タイトル戦の裏に隠された真実とは・・。

第7最後の砦』(視聴率:15.1%)

スクーターに乗った男に女性が切りつけられるという連続通り魔事件が発生し、一人の容疑者が取り調べを受けていた。

容疑者として厳しい取り調べを受けていた辻は、その行き過ぎた取り調べ中に急死してしまう。

取り調べ監察官によって辻の取り調べに関しては問題なしとされるが、辻の遺体からある不審点を見つけた右京。

一方で、辻の急死に関しては闇に葬ってしまいたい上層部。

果たして、事件の真相とは・・。

第8話『レベル4~前編』(視聴率:17.4%)

ある日、国立微生物研究所で危険なウィルスが一人の研究員によって持ち出されてしまう。

そして、それと同時に一人の男性研究員が殺害されてしまうのだ。

致死率100%という危険なウィルスが、もしもばらまかれてしまったら街は大惨事。

その為、逃亡している研究員を保護しようと警視庁は総出で研究員の行方を捜査するが、突然その研究員から右京に電話が入る。

それは、一緒にあるゲームをしようというものだった。

第9話『レベル4~後編・薫最後の事件』(視聴率:19.6%)

研究所からウィルスをもちだした研究員を無事確保した特命係。

しかし、危険なウィルスが入った容器には時限爆弾が設置されていたためウィルスが拡散してしまう。

そのウィルスをかぶってしまった鑑識の米沢や数人の警察官は、感染の疑いのため隔離されてしまうのだ。

その一方で、右京は米沢たちを救うためある仮説を立てていた。

そして、そんな事件の裏で亀山は右京に内緒である決意を胸に秘めていた・・。

ドラマ『相棒season7-前半-』の登場人物

杉下右京  (水谷豊)

亀山薫   (寺脇康文)

亀山美和子 (鈴木砂羽)

宮部たまき (高木沙耶)

伊丹憲一  (川原和久)

芹沢慶二  (山中崇史)

角田六郎  (山西惇)

米沢守   (六角精児)

※相関図

(C)テレビ朝日

ドラマ『相棒season7-前半-』の主題歌

相棒season7オープニングテーマ

相棒Season7 op sound

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

 

ドラマ『相棒season7-前半-』の感想・まとめ

ドラマ『相棒season7-前半-』の感想
女性20代
女性20代

2008年に「相棒7」が放送されました。

亀山が退職するというショッキングな出来事があり、右京が1人で捜査をするという寂しいシーズンでした。

右京が1人や仲間と相棒を組んでいていも、亀山がいたらと言う思いが頭の片隅によぎりました。

8年間も一緒に相棒として組んでいたため、亀山の存在はとても大きかったので、いなくなってしまって悲しかったです。

亀山なりにサルィンと言う同級生がNGOとしてボランティアで活躍していたり、貧しい国の現状を見て自分なりの答えを出しているので、応援していきたいです。

亀山は優しいので子供にも現地の人の役に立つことができるはずです。

亀山が同級生の妻に亡くなったことを伝えるのは、どんなに苦しかったか想像するだけでも泣けてきます。

亀山も同級生を殺されていると思うと同級生の妻と同じように辛いはずなのに、取り乱したりしないですごいと思いました。

亀山と右京のコンビがとても面白かったので、解散は残念でした。

これからも2人がそれぞれ活躍できるといいと思いました。

その他の感想はここから見れます
女性20代
女性20代

13年前「相棒7」は放送されました。

亀山がいなくなり、右京が1人で捜査したり色々な仲間と相棒を組んだりするのが寂しくもあり、面白かったです。

右京は1人でも事件を解決できてしまうので、相棒がいなくても大丈夫だと思ってしまいました。

11話の越境捜査の回では、神奈川県警と警視庁の合同捜査が仲良く捜査していてすごいと思いました。

神奈川県の警察官がいい人ばかりなのでうまくいったのだと思いました。

一見仲が悪そうに思っていたので、意外でした。

12話の犯罪引き渡し条約が日本は結んでいる国が少ないのだと感じました。

犯罪者が国外逃亡してしまったら、引き渡してもらうこともできないというのは、犯罪者にとって有利に働くことで、裁かれないのはずるく感じます。

もっと他の国とも連携して捜査や犯罪者の引き渡しができればいいと思いました。

右京が1人になり、他の警察官にスポットが当たるようになったのは、面白かったです。

芹沢や米沢、伊丹の性格や行動が知れて良かったです。

ドラマ『相棒season7-前半-』のまとめ

長年、右京さんの相棒を務めてきた薫が遂に、特命係を卒業するseason7。

長年、相棒としてドラマを盛り上げてくれた薫の最後の事件は、ぜひ見ていただきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました