Age,35 恋しくて 見逃し無料動画配信(ドラマ1話~最終回)フル視聴

国内ドラマ

Age 35 恋しくて(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『Age 35 恋しくて』の動画はお試し無料期間を利用すればFOD premiumで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

2週間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『Age 35 恋しくて』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

めぐり逢い age,35 恋しくて 挿入歌

柴門ふみさんの漫画『Age,35』を、テレビドラマ化した『Age,35 恋しくて』は、恋愛の巨匠や恋愛の教祖と言われた原作者の描く恋物語で、広い世代の女性の心を掴みました。

不倫の恋ですが、「35歳だって素敵な恋したい」など主婦も独身も問わず共感できると話題となります。

幻想の幸せを思い描き戸惑う様子と、すれ違っていく日々に揺れ動く女性の気持ちを美しく表現していることが、不倫を不快に感じない物語にしたのだと思われます。

禁断のW不倫でありながら、知らないうちに惹きこまれ、のめり込んでしまう物語を振り返っていきましょう。

ドラマ『Age 35 恋しくて』を無料で見る

ドラマ『Age 35 恋しくて』は

見放題作品数No1の動画配信サービスFOD premium

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ14日間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上。

NHK朝ドラ・大河ドラマも対応済みで、解禁日に配信される最新作品が多く(例外あり)、楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

31日間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

1つの契約で4回線を無料で利用でき、トライアル入会特典で600pt(ポイント)もらえて、多くのサービスを利用できます。

\ 今すぐ『Age 35 恋しくて』の視聴をする/

今すぐ14間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

Age 35 恋しくて(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『Age 35 恋しくて』のあらすじ
第1話 『愛に迷う時』(17.7%)

35歳の島田英志は食品会社で営業課長を務め、会社の同僚だった同じ年の朱美と結婚し、小学生になる双子に恵まれていた。

真面目で家族想いの英志は、幸せな生活を送っていたが、一方では同じ会社の照井ミサと不倫関係を続けている。

最初は、ほんの軽い気持ちで関係を持った英志だったが、奔放で真っすぐなミサに本気で惹かれていたのだった。

朱美は、子供の成長を楽しみ、信頼する英志との暮らしに幸せを感じていた。

ある日、彼女は美大時代の元恋人、成瀬シンと再会。

そして、陶芸家となったシンから陶芸教室の手伝いを頼まれるのだった。

ミサとの関係に区切りをつけようと考えていた英志だったが、子供が出来たと彼女に告げられる。

驚く英志に、ミサは一人ででも産んで育てると話すのだった。

第2話『嘘、嘘、嘘』(20.2%)

ミサの妊娠が頭から離れない英志。

会社では、ミサが今までのミニスカートとハイヒールを止め、皆の前で妊娠したと話す。

呆然とする英志は、思わず本当にオレの子かと口にすると、その言葉に怒ったミサは倒れてしまう。

英志は、ミサの香水の香りを残したまま帰宅し、ワイシャツからその香りに気づいた朱美は疑いを抱きはじめる。

そんな時、朱美は再びシンに出会う。

陶芸教室の話から、そのまま陶芸の話に夢中になっていると不意にキスをされ、シンを睨みつける朱美。

シンに対して気持ちに整理がつかない朱美は、英志が定期預金の通帳を持ち出していた事に女性関係の疑念を膨らますが、彼の言い訳を聞き入れる。

しかし、見慣れない長い髪の毛を発見して、再び疑うのだった。

第3話『ズルイ男』(15.5%)

朱美は、英志への疑念を払拭できないままだったが、シンの陶芸教室を手伝う事にする。

ミサとの別れを決断できない英志。

社内ではミサのお腹の子について噂が絶えず、彼女との関係を隠し通す事に苦労していた。

そんな時、ミサと一緒にいるところを朱美の親友である悠子に見られ、口止めをお願いするのだった。

ある日、英志が子供達と外出中に、自宅にかかってきた花屋からの電話で照井ミサという名を知る朱美。

彼女が問いただすと、英志は結婚退職する女子社員と答える。

後日、嘘にウソを重ね、ミサとの関係に悩む英志だったが、ついにミサへ別れを切り出すのだった。

シンとの約束があった朱美は、英志が会議の書類を忘れたことに気づき、待ち合わせを無視して会社へ急ぐ。

そして、会議室を前に中から聞こえてきた声で、照井ミサの名を再び耳にするのだった。

第4話『裏切りの雨』(15.5%)

照井ミサの名に愕然とする朱美は、英志から話を聞くが彼女との関係に疑惑を強める。

朱美はシンから別居していた妻が亡くなった事を知らされ、別居の原因が彼の心の中に忘れられない女性がいた事だとも聞かされる。

そして、落ち込むシンを見て、朱美は慰めるのだった。

妊娠したことで秘書課から営業二課へ配転となり、英志の部下となったミサは、別れを告げられたことを億尾にも出さず張り切っていた。

そんな彼女の姿に、英志は心を痛める。

ある日、外出先の帰りに販促活動をするミサの姿を目にする英志。

その夜、会社から販促活動中にミサが倒れたと聞いた彼は、ミサのマンションへ急ぐのだった。

再び会社からの連絡を受けた朱美は、英志が駆け付ける必要がなかったことを知り、更に疑いを強める。

その直後、シンから呼び出された朱美は、彼と話をするうちに家族を大切にしようと気持ちを新たにするのだった。

第5話『最も危険な情事』(16.8%)

結局、英志はミサと別れる事が出来ず、その様子に悠子から咎められるが気持ちが変わることはなかった。

そんな時、会社の家族会が開かれることになるが、英志は朱美とミサの対面を避けようと出張を決めミサを誘う。

しかし、英志の考えがわかっていたミサは反発し断る。

英志の宿泊先を知らない朱美は、会社に問い合わせるとミサが応対し連絡先を教える。

すると、ミサはこの電話をきっかけに英志の宿泊先へ向かうのだった。

英志の宿泊先に着いたミサは、いつも以上に英志に甘える。

そんな時、朱美から連絡が来て話をする英志は、何かを疑うような様子に思わず声を荒げるのだった。

翌日、鎌倉の実家に子供と出かけると聞いていた英志は、ミサの話に乗ってしまい彼女を連れて帰宅。

そこに、朱美たちが戻って来るのだった。

第6話『これが、最後の恋なんです』(18.6%)

自宅に戻った朱美は、バスタオル姿のミサと鉢合わせする。

ミサは、訳あり妊娠について相談に乗ってもらっていたと話すが、信じられない朱美は、飛び出してしまう。

追ってきた英志に目もくれず、無視する朱美はシンのいる工房へ行き、彼の車で窯に向かうのだった。

一方、家に戻った英志は、子供たちに夕食を与えるが、朱美の事が気になってしょうがなかった。

そんな朱美は、窯で薪割りをしているうちに、次第に気分が晴れてきて、気持ちを整理して帰路に着く。

すると、駅では、朱美を気にかけた英志が待っていた。

彼は一度だけ関係を持ったことを打ち明け、朱美からキツイ一発をもらうのだった。

その後、時間通りに帰宅するようになった英志。

ある日、英志はミサから懇願され、やむを得ず残業だと朱美にウソをつく。

その言葉を信じられなかった朱美は会社をおとずれるが、英志に確認することが出来て戻るのだった。

しかし、この時ミサは流産の危機に陥り、英志は病室で一夜を明かし、自分の誕生日で子供たちと約束していた翌日も、ミサの傍を離れられないでいた。

その頃、家では朱美と子供たちが、誕生日の準備をしていたのだった。

第7話『夫婦、最悪の瞬間』(20.6%)

入院しているミサを気遣い深夜に帰宅した英志は、子供たちとの約束を破っていた。

そんな英志のカバンからマンションのカギが落ち、それを見た朱美はミサを思い浮かべ彼の言葉が信じられなくなっていた。

約束をすっぽかしたお詫びに子供たちを連れて出かけたり、参観日に出席する英志だったが、ミサとの暮らしを決意していた為、苦悩していた。

ミサの元を訪れた英志は、一緒に暮らそうと話すが取り合ってもらえない。

そんな時、病院で会った彼女の友人同士の会話を耳にして、ミサが自分と付き合っていたのは、昔の恋人と似ていたからだという事を知る。

一方、英志を信じようと陶芸に打ち込むが、疑念を振り払えない朱美は、意を決してミサのマンションへ向かう。

そして、ミサの意志を確かめようと英志もマンションへ行くと、そこで朱美と出会うのだった。

第8話『第一部最終章・歪んだ結婚指輪』(17.8%)

英志は朱美に、事実を伝える。

ミサとの関係と、自分がお腹の子の父である事もすべてを打ち明け、朱美を傷つけてしまう。

そんな英志は、昔の恋人代わりだったのかとミサに問いかける。

その事を認めたミサは、この不倫が、結婚式当日に亡くなった恋人の英之とそっくりな子供が欲しかったからと告げ、家族の元へ戻ってと話すのだった。

自分の為に家族を捨てようとしていた英志の気持ちがつらかったミサは、後日会社を辞め、行く先も言わずに姿を消す。

家の雰囲気が暗く、気持ちが落ち込む朱美は、陶芸に打ち込むが、自分がシンの優しさを求めていることに気づいていた。

そんな時、英志から彼女が居なくなり、関係が終った事を告げられるが、朱美は信じようとしない。

ある日、シンの窯焼きを手伝っていた朱美は、作業中に結婚指輪を落としてしまうが、シンは自分の作品を犠牲にしてまで結婚指輪を探し出す。

そして、落ち込んでいた朱美を励まし、彼は東京を後にする。

朱美は少しずつ、昔のような姿を見せる英志を受け入れようとするのだった。

第9話『そして運命の扉が開く』(20.7%)

ミサとシンの二人がいなくなってから1年が経ち、英志は家族との時間を大切に過ごし、朱美にも以前よりも優しく接していた。

しかし、朱美の心の中には、虚しさと喪失感があった。

そんな時、シンが東京で個展を開くことを知った朱美は、彼に会いに行く。

一年ぶりだったがシンは少しも変わらず、朱美は個展の準備を手伝う事となる。

10年目の結婚記念日をむかえ、英志はプレゼントにダイヤの指輪を用意して、朱美を食事に誘うが断られてしまう。

個展の準備を進める中、朱美はシンにけがを負わせてしまっていた。

ある日、ミサの友人から渡された手紙から無事に出産したことを知った英志は、彼女の居場所を探し出すが、既に遅く、結婚の為に大阪に出発した後だった。

朱美はシンが個展を終えた後、信楽へ戻りギリシャへ向かうことを知る。

シンを忘れようとろくろを回し没頭する朱美の背後に、彼が現れ二人は抱き合うのだった。

第10話『愛にわがままな妻』(20.8%)

真剣なシンの想いに気持ちを許しかけた朱美だったが、慌てて工房を飛び出す。

帰宅した彼女は、娘のマドカが火傷して病院に行ったことを知り、自身の行動を後悔し、シンに忘れてと伝えるが、彼から、もう友達のままではいられないと気持ちを告白されてしまう。

そんな朱美の様子に不安を感じる英志は、仕事に打ち込むが大阪出張を言い渡されると、ミサを思い出すのだった。

子供たちの合宿があるから夫婦で旅行にでも行こうと朱美は話すが、英志の大阪出張が重なり、朱美は一人になってしまう。

大阪で子供と一緒に歩く幸せそうなミサの姿を見た英志は、彼女への想いを断ち切り、朱美や家族と共に歩んでいく事を決意して帰路に着く。

その頃、朱美は信楽に向かっていた。

彼女は自分の気持ちに正直になることを決意し、愛にわがままになりシンを求め、一夜を過ごす。

そして、翌朝二人が仲良く窯をのぞいているところに、英志が姿を現すのだった。

最終話 『こんなにあなたを愛しているのに』(28.1%)

朱美を探してここに来た英志に、シンは頭を下げる。

しかし、朱美は、この人と一夜を過ごしたことと、彼が好きだと告げ、いつからと問いかける英志に、彼女は多分生まれる前からと答えるのだった。

家を出ることになった英志は、子供たちからの質問に答えられないまま家を後にする。

翌日、シンからスペイン行きの誘いを受けた朱美だったが、簡単に答えられず迷う。

そんな時、大阪出張の為に荷物を取りに英志が一旦戻って来ると、朱美は、ミサを好きでいた気持ちが今はわかると英志に話すのだった。

帰宅してタバコの吸い殻を見つけ、追いかけてきた子供たちに合唱発表会に来てほしいと言われるが、英志は仕事で行けないと謝る。

後日、東京に戻って来たシンから、子供たちの分もあるスペイン行きのチケットを手渡され、朱美は一緒に行く事を決意する。

大阪出張の為東京駅に向かっていた英志だったが、子供たちのことが頭から離れず、大阪の商社へキャンセルの電話を入れる。

すると、電話に出たのはミサだった。

彼女の元気な声に安心した英志は、急いで合唱発表会の会場へ急ぐ。

駆け付けた英志は朱美の隣に座り、ステージ上の子供たちの姿を見ながら、もう一度やり直さないかと声を掛ける。

英志の言葉を聞いた朱美は、泣きながら歌っていた子供たちの姿を見て、ロビーで待つシンにスペインへは行けないと謝る。

発表会を終えて英志の姿を見た子供たちは喜び、久しぶりに家族4人で食事に向かう車の中からシンの姿を見つけた朱美は、そっと涙を流すのだった。

それから7年が経ち、帰りの遅い子供たちを待ちながら二人仲良く晩酌していると飛行機墜落のニュースが流れ、搭乗者はほぼ絶望と伝えられる。

すると、その搭乗者の中にシンの名を見つけ、朱美は動揺し寝室で声を殺して泣くのだった。

ショックを引きずる朱美は、気持ちを立て直そうと再び創作に没頭する。

シンと一緒に楽しく過ごしていた頃を思い出していると、そこにシンが姿を現し、驚く朱美。

搭乗予定の便から変更していた彼は、朱美を抱きしめ、これからずっと一緒にいないかと話す。

揺れた想いを引きずり帰宅した朱美を待っていた英志は、彼女の気持ちを汲んで、自分の好きなように生きていこうと別れを告げながら、優しく彼女を抱き寄せるのだった。

留学する子供たちを見送った英志と朱美は、別々の方向に歩き出し、朱美はシンの待つ駐車場へ向かう。

そんな英志は走っていた小学生にぶつかり、後から来た母親へ謝ろうとして驚く。

その母親はミサで、子供が自分の子だとわかった英志は大きくなったなと声を掛けるのだった。

話をしながらチケットの名字がTERUIである事に気づいた英志は驚き、ミサが一人で育てていたことを知る。

そして、保険の外交員であるミサに勧誘された彼は離婚して一人になった事を話し、ゲートへ向かう二人を見送っているとチケットを破りミサが振り返る。

涙ぐみながら走って来たミサを、英志は抱きしめるのだった。

ドラマ『Age 35 恋しくて』の登場人物

島田英志(中井貴一)

照井ミサ(瀬戸朝香)

島田朱美(田中美佐子)

成瀬シン(椎名桔平)

大平悠子(香坂みゆき)

大平幾也(生瀬勝久)

沢木萌 (西田尚美)

桜井弥生(水野美紀)

ドラマ『Age 35 恋しくて』の主題歌

シャ乱Q 『いいわけ』

シャ乱Q 『いいわけ』

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ14間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

Age 35 恋しくて(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『Age 35 恋しくて』の感想
女性20代
女性20代

準備中

その他の感想はここから見れます

 

 

ドラマ『Age 35 恋しくて』のまとめ

夫婦のすれ違いから始まる不倫を描くこの作品ですが、泥沼のW不倫でありながらも美しいラブストーリーになっているのが、とても印象的です。

すれ違いにより起きる感情の機微(きび)を表現していることで、不倫を不快に感じさせなかったのが視聴者の気持ちを虜にしたのだと思われます。

俳優さんたちの演技も見事で、心地よく物語の世界に浸らせて(ひたらせて)くれました。

背景に流れる音楽や、インパクトのあるイントロから始まる主題歌も強く印象に残ります。

特に、著名なピアニストで作曲家のアンドレ・ギャニオン氏の代表曲ともなった『めぐり逢い』は、今でもよく耳にするほど、色々なところで使われております。

美しく描かれた大人の恋物語を、堪能してみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました