3年A組 見逃し無料動画配信フル視聴(ドラマ1話~最終話)/今から皆さんは人質です

国内ドラマ

3年A組-今から皆さんは、人質です(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です』の動画はお試し無料期間を利用すればhuluで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

2週間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

3年a組予告

いつもと同じ日常だった、魁皇高校は
卒業をあと少しで迎えころ、3年A組の教室では
柊木が、生徒たちに今から、皆さんには人質になってもらいます。と突然話し出します。
その瞬間から柊一颯による生徒達に人生の授業が始まったのです。
大人しいと評判の美術教師柊一颯が突然豹変し、3年A組の生徒達に数々の問いかけを行います。
そしてその先にあるものは・・・・

ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です』を無料で見る

ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です』は

見放題作品数No1の動画配信サービスhulu

第1話から最終回まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ2週間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上。

NHK朝ドラ・大河ドラマも対応済みで、解禁日に配信される最新作品が多く(例外あり)、楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

2週間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

1つの契約で4回線を無料で利用でき、トライアル入会特典で600pt(ポイント)もらえて、多くのサービスを利用できます。

\ 今すぐ『3年A組-今から皆さんは、人質です』の視聴をする/

今すぐ2週間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

3年A組-今から皆さんは、人質です(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です』のあらすじ
第1話 視聴率10.2%

柊一颯は、3年A組の担任で、美術の教師。とても物静かな大人しい教師です。見た目も、やせ形で、非常に一見ひ弱にすら見られ、クラスの生徒達は、そんな、担任に対しての言葉遣いも態度も、非常に生意気な言動が多く、全く協調性がみられない荒れた様子のクラスです。
一颯は、そんなクラスに対して、「今から全員人質です」と話し始めます。当然反抗的な生徒は、大声で文句を言い出しましたが、一颯は、いとも簡単に、襲いかかる、生徒達をねじ伏せ、次の瞬間爆発が廊下でおきます。廊下はガレキで塞がれ閉じ込められた状態の生徒達は、窓も扉も特別なものに取り替えられており、A組の生徒は閉じ込められ何が起きたのか全く理解ができないパニック状態に陥ります。
卒業までの残された10日間で大切な授業を行うと宣言します。そして、その間指示に背けばペナルティーを課すと伝えます。当然、生徒たちは不満を表しす。しかし、一颯は全く聞き入れず、生徒達に、最初の指示を伝えます。景山澪奈はなぜ自殺したのか。その答えを午後8時までに1番親しかった、学級委員の茅野さくらに答えるように、指示を出します。答えられなければ生徒の中の一人が死ぬことになるというペナルティーを課します。
生徒達は、澪奈が自殺したのは、水泳で輝くべき成績を作ってきた裏には、ドーピングしていたという内容の暴露動画が拡散されて、自殺したんだと口を揃えて話します。しかし、一颯は、答えるのは、さくらだと聞き入れません。そんな噂がながれはじめ、澪奈は、クラスで孤立し始め、さくらも、少しづつ距離をとり始め話すことが無くなります。さくらは、尊敬できる友達として今まで、過ごしてきた自分が、澪奈を追い詰めてしまったと、答えます。クラスの人間にいじめられたからではなく、自分のせいで、澪奈は死んでしまったのですと答えます。
しかし、一颯は景山澪奈から直接相談を受けていたのですが、澪奈そんなことは言っていないと話します。
さくらの答えは間違っていました。一颯は約束どおり、一人に死んでもらうと告げます。
生徒達は、一斉に間違った、さくらが死ぬべきだと言います。
それを聞いた、一颯は、さくらがどんな気持ちでそれを話したかわからないのか?と生徒達に怒りを向けるます。そして、一颯は殴りかかる生徒の中から、中尾蓮をナイフで視察しましす。
生徒達は、まさか本当に起きないと思っていただけに、一同に戦慄が走ります・・・
一颯は遺体を美術室に運び込みます。そして、さくらにも美術室に来るように伝えます。
さくらは、美術室にある景山澪奈の絵画が切り裂かれていることに驚き、そして、その下に微笑んでいる澪奈の絵画を発見します。
その意味は・・・・

第2話 視聴率10.2%

柊一颯によって、監禁された3年A組の生徒は、恐怖と不安の中で、2日目を迎える。一颯は至って平然と生徒達に話続けます。景山澪奈のドーピングの噂の元のSNSに投稿された動画の投稿者のハンドルネームは「やり逃げX」と書かれており、それは果たして誰なのか? 犯人はこの中にいます。犯人は名乗り出てください。それが、今日の課題だと話します。
20時までに名乗り出なければ、また、犠牲者が出ると伝えます。
1日目に、本当に蓮を刺殺したのを見ている生徒達は、恐怖に怯えます。
しかし、時間が経っても誰も、名乗り出ません。
そんな中、唯月はさくらよりも前から澪奈と仲の良かった香帆を疑い出します。でも、香帆は決して認めません。
一方校内には、校長をはじめ教員、そして、警察が集まっており、3年A組の父兄がすぐに、子供達を返してほしいと学校側に講義しています。
クラスでは、名乗り出てこないので、自分がやったと告白します。一颯はそれでは、パスワードを教えてなさいとさくらに質問する。SNSに投稿するには、ログインパスワードが必要だとさくらに詰め寄ります。
さくらは、わからないとうなだれます。
香帆はむしろ、クラスを救う為に嘘を言うさくらを、罵ります。一颯は、
そして、警察の郡司は柊一颯の身元を調べ出し、付き合っていた女性教師の相良文香に柊一颯はDVを行っていたと聞き込む。相良の家に行き、事情が聞きたいというが、父親は娘と会わせない。郡司は、携帯を捜査の為に借りたいと話、押収し一颯に電話をかけます。
クラスでは、
そして、そこの電話から、一颯に電話をする。
戸惑う柊一颯は男子生徒達に襲い掛かられるが、前もって足につけていた腕時計しきのリモコンスイッチをいれ、爆発をさせ生徒を遠ざける。
そして、歯向かうと今度は教室ごと爆破すると宣言します。やり逃げXが名乗り出ないことを柊一颯は生徒に、問い直すが全く現れません。
さくらは、その状況をみかね、自分が犯人だと名乗り出ます。一颯は、それなら、SNSのパスワードを教えろと問い詰めるとさくらが犯人ではないことがすぐにバレてしまいます。とうとう、犯人がわからなかったために、爆破されそうになったとき香帆はとうとう、自分が犯人だと名乗り出ます。香帆は澪奈が、自分から離れ、桜と仲良くなったことが頭にきて、嫌がらせを始めたと話す。しかし、その時に流した動画は、自分では作っていないと話す。誰が作ったのかも知らないと話します。一颯は、自分の命を落とすまで追い込んだ、フェイク動画を作った犯人がわからない以上、授業はまだ続くと話しました。
同時に、自ら電話で警察へ、SNS の「Mind Voice」
のフォロアーに課金を要求すると宣言します。
生徒達は、恐怖感はありながらも、一颯の問いかけの中に、真実と向き合うことの大切さを考えるようになる。幸い、香帆が名乗り出たので被害者は増えずにすみましたが、香帆は自分の鞄に動画の入っていたDVDがあったから公開したが、自分が作ったのではないと告白します。

第3話 視聴率11.0%

警察に対して、おにぎりを持ってくるように要求をすると、理事官の五十嵐が名乗り出ます。
おにぎりを運ぶと、視覚から一颯が現れます。なんと、五十嵐と一颯は仲間だったのです。五十嵐は、会話のかなで警察にも優秀な人材がいるからと一颯に話しました。
監禁3日目一颯は、生徒達に澪奈が自殺した原因のドーピングの動画を誰が作ったのか、録画した人間がいるはずと問いかけます。そして、捜査のプロとして警察にも捜査を依頼する。一颯は警察は、捜査のプロだから、今回もし動画をとった人間がわからなければ、犠牲者は5名だと伝えます。
操作が進み、郡司は、科捜研で一颯からの情報のビデオのジャージにしみがあることを発見します。水泳部のオリジナルジャージのため持っている人間は限られていいるのです。水泳部のキャプテンの熊沢とマネージャーの真壁に限られる。まして、熊沢はキャプテンでありながら、景山澪奈に成績で負けており、真壁に気持ちを寄せているが、真壁は、澪奈のしかし、さくらは会場に里美がいたいたことを思い出す。里見は、真壁のジャージを借りて手伝っていたことが判明し3人に焦点が絞られます。
郡司は捜査の中で部下がSNSなら直接話せますと聞き、内部から発信を続けている生徒にコンタクトをとる。そして、熊沢キャプテンとマネージャーの真壁と協力した里見に何を食べたかを質問させ、袖についているシミのもとになるものを食べた物によって判断しようと考える。
協力者は、大会直前にシミのものとになるトマトジュースを熊沢が飲んでいたことを伝える。郡司は一颯に
熊沢が犯人だと答える。
しかし、一颯は郡司が協力者から嘘の情報を信じて答えたことを伝える。なぜなら、協力者は本当は
一颯の味方であり、警察はその偽の協力者の意見を答えたと郡司のせいで、5人の生徒の命が失われることを伝える。一颯は里見がトマトジュースを飲んだことが明らかになり犯人だったことそして、澪奈に振られたために行ったことが明らかになります。そして、一颯は5人の名前を告げます。
そして、美術室に呼び出された5人の生徒は、その後爆発音がひびく・・・

第4話 視聴率9.3%

5名の生徒が殺されたことにより、郡司はSNSからはもちろん、マスコミからも問題視される。
監禁されてから、4日過ぎる。生徒たちの小競り合いが続く。一颯は、生徒たちに課題としてだれが、里見に動画を録画させたのは誰かを問います。すると、甲斐が名乗りでる。しかし、一颯は、実際の加工は、素人ではできないことだと言及する。しかし、甲斐は何も話さない。さくらからも話さなければわからないといわれ、一颯も甲斐に、景山の人生を左右させた以上自分自身が生きるために抗うように説得する。
甲斐は、一颯は生徒たちにすべてを知られ友達に説得されベルムズの居場所と首謀者の名前を明かします。その時、アジトに踏み込んでいた捜査から外されていた郡司が喜志を確保する。
その中で、唯月は明らかに動揺していた・・・

第5話 視聴率10.4%

一颯は、甲斐の問題を解決した直後倒れる。生徒たちは一颯のそばに寄り添うさくらたちと、美術準備室に
侵入し仲間と逃げ道を探すが、生徒の中にいた協力者の逢沢だった。そして、爆発させたくなければ教室に戻るように話す。しかし、生徒全員の前では逢沢は無力であっという間に、起爆装置を奪いとられる。
そして、死んだとされている生徒も助け出すが、その犠牲者に選ばれた生徒たちは、先生と一緒にここに残れないかと他の生徒たちに先生の話を伝える。そして、そのカギは唯月が握っていると話されていることをつたえるが、唯月は岸の彼女でであることがみんなに知られ距離をとります。
生徒たちは、携帯電話を取り返せたときに連絡を取ったため警察はSITを突入させます。
残りたい人間もいれば、もう、出たい人間もいる中で一颯は意識が回復し、生徒の前に現れます。
そして、唯月に秘密を教えろと迫ります。
岸から預かった、ネックレスに隠されていたものは、データだった。そのデータは、リストだった。
ベルムスとのつながりがある顧客のリストである。なんと、そこには、魁皇高校の教師hunterと載っていました。

第6話 視聴率11.7%

一颯はSNSを使いそして、メディアをつかっ拡散します。当然、生徒たちが一人も犠牲になっていないことも拡散します。そして、一颯は武智に電話をします。そして、教師たちに課題を出します。hunterは自ら名乗り出るように課題を出します。もし、名乗り出なければ教室を爆破します。と要求を提示しました。
生徒たちは、教室を爆破することで再び一颯にたいして、不信感が芽生えますが、一颯は意に介さないまま生徒たちから再び、鞄と携帯電話を没収します。
警察は郡司が文香家に音連れ、孝彦に食い下がりますがあっさり追い返せれ、一方、クラスでは、さくらを中心にクラスでは犯人を捜しを行います。
涼音は、教師の坪井に恨みをもっていたために、その坪井によって、パワハラ・セクハラを受けていた、告発の動画を結城は涼音にSNSに流すように唆されます。
郡司は、一颯の以前特撮の経験があることが判明し、なんとそこから、文香の父親である孝彦との関係にたどりつく。また、その会社が大量の火薬を仕入れていたことを知る。
20時に電話で一颯は坪井と涼音を話させ、何故、涼音が水泳部を首になったかを問い詰める。校長は、パワハラやセクハラなどは事実ではなく、坪井に真実を話すように伝えます。涼音が練習に耐えられない病気を抱えてしまったことを伝えます。
涼音は、自分の思っていたことが間違っていることに気づきます。しかし、SNSで拡散させてしまったことに罪悪感に苛まれます。しかし、一颯はその拡散は事前に防いだことを涼音に伝えます。涼音は良かったと泣き出しますが、一颯は涼音に厳しく自分の行ったことがどれだけ人に傷を負わせることかを怒りを込めて伝え涼音をせめたてます。同時に拡散に加担しそうになった結城にも問いかけます。生徒全体にも。SNSの持っている怖さを伝えます。そして、教師達に、名乗り出なかったので、爆破すると伝えます・・・
生徒たちは犯人探しをしていました。元水泳部の涼音は、顧問である坪井にセクハラ、パワハラを受けてしまい、水泳部をクビになってしまいます。それらの恨みから、トイレで結城のスマホを使い、坪井が犯人だという動画の撮影をし、結城にSNSに流すようにと指示をしました。
20時になって坪井が犯人ではないかということを教師たちに話します。しかし、校長は本当のことを話すように坪井に伝えます。涼音が身体が水泳部の練習にはついていけない体だったことをつたえ、涼音は自分が間違っていない事、そして、一颯によって、拡散を防がれて涼音はほっとしたが、その反応に一颯は、声を荒げながら涼音に言い聞かせる。嘘によってどれだけの人間が傷つき立ち直れなくなるか、そして、SNSによって、拡散されるとどれだけの人間が不幸になるのかをなんでわからないのかと訴えかけます。
そして、教師達にはhunterが誰なのか名乗り出なかったので、教室を爆破しますと伝えます。
大きな爆音とともに・・・・

第7話 視聴率11.9%

7日目を迎え一颯は、hunterが武智であることを伝えますが、生徒達も半信半疑で一颯と武智のどちらを信じればいいか混乱する。そして、20時までに真実を武智が自白しなければ、武智の大切にしているものを奪うと課題を出します。
生徒の中でも武智を信じたい生徒は武智から諦めていた将来の目標を推薦枠をもらう事を約束してもらった、瀬尾と魚住だった。体の良くない一颯を襲い抜け出さないかと他の生徒にも持ちかける。しかし、いままで一颯が行なってきた授業によって救われた生徒達は真っ向から立ち向かいます。
一颯は、スポーツ推薦を武智に世話してもらった人間がその後どうなったかを、瀬音と魚住に話します。
それでも、二人は信じられないため、一颯は自分自身をお前らで審査してほしいと言います。
そして、武智を呼び出し二人で話します。
武智が、私服を肥やすために推薦入学者を紹介していたことを自白します。澪奈に断られたため、ベルムスにフェイク動画を作る事を依頼した事も明らかになります。澪奈と会ったことは否定しますが、警察に任意同行されます。
一颯はいよいよだとまだ、先を見据えます・・・

第8話 視聴率12.0%

事件発生から8日がすぎた。生徒達も武智が澪奈の自殺に追いやった犯人だからもう、終わりじゃないかと一颯に話します。一颯はこれからが、本番だと話します。そしてクラスに自習を伝えます。
警察では、郡司が文香から、興味深い手がかりを入手します。武智の影には黒幕がいる事を喜志からの聴取で得ており、その黒幕は、元大臣の槇原が捜査線上に浮かび上がる。武智はつながりを認めているが、澪奈を殺したことに関しては否認します。
一方生徒達は、自分たちにの手で、武智と澪奈の自殺した日の動画を解析し一颯が映っていることを発見します。しかし、彼らは、一颯に今朝教わった、「ぐっくるっぱ」と言い、迷ったときの考え方を実行し生徒は落ち着きます。生徒達の進歩は間違い無く起こっていることを心から喜びます。
生徒の中でも、警察内部でも、学校の中でも少しづつ
変化が起こり出します。

第9話 視聴率12.9%

時は過ぎ3年後3年A組の生徒達が再び、教室に集まります。それぞれの、成長を遂げています。一颯がこの世を去って、澪奈のドキュメンタリ動画をみんなで見始めます。
9日目を迎え警察はSITの突入を断念します。
孝彦は、武智が犯人として見られた動画がフェイク動画であり、本当は一颯だったことが、世間に広まります。一颯はとにかく武智のやってきたことが、生徒たちにどれだけ大きなショックを与えてきたかを分からせたかったのです。
そして、子供の痛みがわからない大人にはなってはいけないと生徒たちにもわかってほしかったのです。
授業を通して、生徒たちそして、大人たちに、しっかりとした感情のコントロールができることを教えます。
一颯は全国の人々に敵として見られる必要があるとはなします。
そして、さくらが、これ以上先生が悪くみられることは耐えられないといい引き留めようとしますが
爆破して近づかせません。
一颯はすべてを話すために屋上に向かいます。
さくらは、教室に戻り皆に私が澪奈を殺したと話します・・・
屋上で一颯はなんと、銃弾に倒れます。

第10話 視聴率15.4%

警察の狙撃犯からの弾丸で倒れた一颯をみて、SITの突入を指示したが、突入先が爆発する。
そして、一颯は再び立ち上がる。
一颯は、とうとう、本当の気持ちを伝えるために朝の8時に屋上に立ちます。
その場所に立ち一颯は澪奈の死を語り始める。
その相手は、一颯の考える本当の犯人。
SNSを使い沢山の誹謗中傷を重ねた、人々へ語りだす。
本当は、ネットを使い文字を連ねて数々の言葉が、澪奈は傷つき死を選んだ。
心の弱い人間だろうが強い人間だろうがそんな、言葉の暴力に必死に闘い死んでいった澪奈の話を
SNSの先の一人一人に訴える。
少なくともクラスや、教師たちが気づきそして、ネットの向こうにも・・・・

ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です』の登場人物

柊一颯 (菅田将暉)
逢沢博己 (萩原利久)
秋庭凛 (秋田汐梨)
石倉光多 (佐久本宝)
魚住華 (富田望生)
宇佐美香帆 (川栄李奈)
甲斐隼人 (片寄涼太)
景山澪奈 (上白石萌歌)
金沢玲央 (新條由芽)
茅野さくら (永野芽郁)
河合未来 (搗宮姫奈)
熊沢花恋 (堀田真由)
小宮山愛華 (日比美思)
里見海斗 (鈴木仁)
須永賢 (古川毅)
諏訪唯月 (今田美桜)
瀬尾雄大 (望月歩)
立野寛人 (森山瑛)
中尾蓮 (三船海斗)
西崎颯真 (今井悠貴)
花岡沙良 (横田真悠)
不破航大 (飛田光里)
堀部瑠奈 (森七菜)
真壁翔 (神尾楓珠)
光永葵 (西本銀二郎)
水越涼音 (福原遥)
柳本稔  (高尾悠希)
結城美咲 (箭内夢菜)

ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です』の主題歌

ザ・クロマニヨンズ「生きる」

ザ・クロマニヨンズ 『生きる』

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ2週間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

3年A組-今から皆さんは、人質です(ドラマ)の感想・まとめ

ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です』の感想
女性20代
女性20代

準備中

その他の感想はここから見れます

 

 

ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です』のまとめ

とても身近で起きているネットの作り出す配信の世界
誰でも配信者になれる時代。
今や、総理大臣ですらSNSを使い訴える。
いい悪いは人それぞれ。
ただ、柊一颯はそれを、10日間でできる限りの主張を
命がけで行った物語。
是非見ましょう。
そして、考えましょう。
ペンは剣よりつよし。
の時代は過ぎ、
今や、キーボードとカメラは、マシンガン、核爆弾よりつよし・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました