【35歳の少女】7話見逃しは動画配信で無料視聴!ネタバレあらすじと感想

35歳の少女 国内ドラマ

『35歳の少女』 第7話 『喧嘩別れした家族が内心気になりつつも、結人のために生きようと決めた望美。望美は結人に両親に挨拶させてほしいと頼むが…。』(視聴率7.7%)

このドラマでは、その昔事故で長い間眠っていた女性・時岡望美が25年経って突如目を覚ましすっかり変わってしまった世界を必死に生きていく物語です。

この中でもともと一つの幸せだった家族は長い確執の中でバラバラとなってしまい、それぞれが別々の暮らしをしていました。

父の進次は何と妻の多恵と離婚してしまい、別の家庭に。

妹の愛美は家族に愛想をつかし一人出て行って生活をしています。

そして母の多恵は必死の看病で望美を目覚めさせるまで待っていましたが孤独な毎日。

この家族に再びあの時の幸せは戻ってくるのか。

35歳の少女 (ドラマ)第7話の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

ぺーさん
ぺーさん

ここだけの話ですが、ドラマ『35歳の少女』の動画はお試し無料期間を利用すればhuluで見放題となります。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

2週間0円

今すぐ無料で見る

クーさん
クーさん

ドラマ『35歳の少女』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

【最新映像】第7話予告ロングVer!土曜ドラマ「35歳の少女」 11月21日(土)よる10時!!
ドラマ『35歳の少女』第7話を無料で見る

ドラマ『35歳の少女』は

見放題作品数No1の動画配信サービスhulu

第1話から最新話まで配信中です。

\ いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK! /

今すぐ2週間無料体験する ▶︎

>> 40,000本を超える動画が見放題!

おすすめポイント
ピーさん
ピーさん

映画やドラマ、アニメの動画配信はもちろんの事、電子書籍まで幅広く取り扱いがある業界トップの動画配信サービスです。

見放題作品は20本以上。

NHK朝ドラ・大河ドラマも対応済みで、解禁日に配信される最新作品が多く(例外あり)、楽しめること間違いなし。

ブーさん
ブーさん

2週間の無料トライアル期間を利用することで、期間内は実質0円にて利用できます。(*有料作品以外)

期間中に解約すれば、費用はかかりません。

1つの契約で4回線を無料で利用でき、トライアル入会特典で600pt(ポイント)もらえて、多くのサービスを利用できます。

\ 今すぐ『35歳の少女』の視聴をする/

今すぐ2週間無料でお試し ▶︎

>>無料期間中に解約で0円

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

31日間無料トライアル実施中


>>70誌以上の雑誌が読み放題!

ドラマ『35歳の少女』の第1話~最新話までの記事一覧

ドラマ『35歳の少女 』第1話~最新話

ドラマ『35歳の少女』第1話 あらすじ ネタバレ

 

ドラマ『35歳の少女』第2話 あらすじ ネタバレ

 

ドラマ『35歳の少女』第3話 あらすじ ネタバレ

 

ドラマ『35歳の少女』第4話 あらすじ ネタバレ

 

ドラマ『35歳の少女』第5話 あらすじ ネタバレ

ドラマ『35歳の少女』第6話 あらすじ ネタバレ

 

35歳の少女(ドラマ)第7話の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌・感想

ドラマ『35歳の少女』第7話のあらすじ

望美はまた夢の中で、在りし日の家族の幸せな時を思い出します。

それは新居の購入時、みんなで幸せな家族写真を撮っており望美は多恵から夫婦の仲直りの方法を聞こうとしたところで目が覚めました。

結人と結ばれる事ができそれなりの幸せな暮らしをしている望美は、結人を助ける為アルバイトをする事に。

受けた喫茶店で採用される事になった彼女は楽しそうに働いており、結人も理想の教師になる為面接を継続中。

進次の方は、加奈と仲直りしようとまた帰宅しますが離婚届を突きつけられ多恵たちと絶縁する様に要望します。

それもできない進次は達也にお願いしますがどうにも上手くいかず。

愛美も相沢たちの結婚式の話を聞き、招待状を受け取ります。

そして望美の方ですが、結人にどうしてもとお願いをし彼の両親に会いに行く事に。

驚く程の大豪邸でしたがそこで会ったのは、長年の確執が続く最悪な夫婦の姿でした。

結人からは、あんな感じだからあまり会わせたくなかったと自分も帰りたくなかった理由を言いました。

後日望美が働いていると多恵が現れますが、自分は帰らないと話は進まず。

そしてクレーム客の来店あり、同僚の外国人アルバイトが罵声を浴びせられるのを阻止した望美は謝罪でおさめたかった店長からクビにされます。

そしてある日、多恵が望美たちを呼び話をするとこの家を売るとの事。

焦った進次の夫婦喧嘩から始まり、またみんなで喧嘩をしだすと望美はもういいと帰ります。

帰宅していた結人との会話の中で、妥協して決めた学校の事からまた口論。

結人こそ自分の気持ちをわかってないと家を出て行きます。

あてもなく彷徨う望美は涙します。

ドラマ『35歳の少女』第7話のネタバレ

また望美たち昔の家族の幸せな場面から。新居を購入したその時、みんなで楽しく家の前で写真を撮りました。

そして目覚める望美の目の前には結人がいます。

とうとう結ばれ、幸せな二人暮らしをしている二人。

望美はアナウンサーの夢を諦め楽しそうに料理してますが、結人は家族のことを心配。

しかし望美はもういいと言います。

そして結人は再び教師になる為、学校に。

望美は喫茶店のアルバイトの面接を受ける事にしました。

楽しそうに仕事をする望美ですが、親子連れの客を見て思うところがあり・・。

多恵と進次の場面ですが、電話で話す二人はやはりうまくいきません。

そんな進次が工事現場での仕事を終え、加奈の家に帰宅すると彼女から離婚届を突きつけられます。

そしてまだ昔の写真を持っている進次に処分を求めますが、それもできず彼は達也に助けを請う事に。

ちょうど帰宅した彼は何と手に大金を持っています。

聞けば実父から手切金でもらったと、父に失望していました。

そして愛美は相沢たちとばったり会い、何と二人の結婚式が行われる事を聞き招待状を渡されます。

内心穏やかでない愛美はそれを受け取りぐしゃぐしゃに。

アルバイトを終え、帰宅した望美は結人に彼の両親に挨拶させて欲しいとお願いをします。

とても気の進まなそうな結人でしたが、望美の再三のお願いに仕方なく了承する事に。

そして当日、家に着くとそこは大豪邸で驚く望美。

着くなり結人の母は温かく迎え入れてくれ、しかし父に会ってみるといきなり結人の両親の夫婦喧嘩が始まります。

それは尋常でなく、夫の死を願う妻の姿がありそれを見るなり帰る望美たち。

帰りたくなかった理由を改めて話す結人。

後日また望美がアルバイトをしているとクレーム客がおり、外国人の同僚に絡んできていました。

店長が謝罪しおさめようとしたところ、差別をするなと正論で口を挟んだ望美は店長に制止されクビに。

そして愛美はお見合いパーティーで酒を飲みまくり、男性陣に絡みまくり退場させられます。

そんな彼女が目を覚ますと多恵に看病させられ、実家にいたのでした。

そして後日、多恵がみんなを呼び家ですき焼きをする事に。

そこで彼女の口から出た言葉は「この家を売る」との事。

そして慌てる進次と口論を始め愛美がうんざりだと言いみんなで喧嘩を始めると望美はみんなが自分のせいにして、ただ時間を無駄にしてるだけだと言います。

人生を謳歌できなかった自分に時間をちょうだいと言い家をでていきます。

そして結人の家に帰宅すると彼が先に帰ってました。

学校が決まったと言い喜ぶ望美でしたが、妥協したとの事。

それを聞きまた口を挟む望美ですが、理想を追えないし生きるためにそうしなきゃいけないと焦るな言う結人。

でも25年の大切な時間を遣ってしまった自分は焦っていると自分の気持ちを全然わかってないという望美に結人は、昔の自分も家族ももう戻ってこないと言います。

そんな彼に愛想をつかし荷物をまとめ出て行く望美。

行くあてもなく人にぶつかり座り込む望美は絶望し、泣き出します。

ドラマ『35歳の少女 』の第7話の登場人物

時岡望美  (柴咲コウ)

広瀬結人  (坂口健太郎)

今村進次  (田中哲司)

時岡愛美  (橋本愛)

時岡多恵  (鈴木保奈美)

※相関図

(c)日本テレビ

ドラマ『35歳の少女』第7話の主題歌

King Gnu 『三文小説』

King Gnu – 三文小説

第1話から最新話まで配信中です

今すぐ2週間無料でお試し ▶︎

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

ドラマ『35歳の少女』第7話の感想
女性20代
女性20代

これでもかというくらい現実にうちのめされて、すごい可哀想に思ってしまいますが良くも悪くも大人になってしまった自分の中ではどこか「しょうがないよね」と思ってしまってるのが凄く嫌になります。

このドラマは決してシンプルではなく、色々考えさせられます。

「大人になる」とはどういう事か。

そんな事を問いかけてくる気がしてならないです。

特に今回は、理想を掲げて実行しようとしても世の中がそれを許してくれない。

誰かの顔色を伺ったり、忖度したり。

結人だって、そうしないと教師の仕事が決まらなかったし。

でも望美はただその人の為を思って理想を追うのがベストだと。

でもそれでは到底決まらない現実は本当に残酷だなと感じました。

果たして答えはあるのか、その結末に注目したいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました