1リットルの涙 無料動画配信(ドラマ再放送~最終回)フル視聴/

国内ドラマ

1リットルの涙(ドラマ)の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『1リットルの涙』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

実在した木藤亜也さんという女性の闘病記を元に制作された『1リットルの涙』は、多くの方に大きな感動と勇気を与えました。

2005年10月から12月まで放送された本作品は、平均視聴率15.4%、最終回には最高視聴率20.5%を記録した大ヒット作品です。

なかでも主演の沢尻エリカさんの迫真の演技と、劇中を彩る楽曲が好評を博しました。

脊髄小脳変性症という難病を抱えた女性の命の記録をご紹介していきます。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

1リットルの涙(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『1リットルの涙』のあらすじ

・異変

中学3年生の池内亜也は受験会場に向かう途中、転んでひざを怪我してしまう。

そこを通りかかった同級生の麻生遥斗のおかげで無事受験を終え志望校への合格を果たすが、高校生活が始まると体に異変を感じるようになる。

走り出せば足がもつれ、転ぶ時も手が動かず無防備のまま顔を打ち付けてしまうなど、身体が思うように動かない事が多くなり、亜也は病院で精密検査を受ける事になった。

そして、難病の脊髄小脳変性症と診断されるのだった。

 

・脊髄小脳変性症

何らかの原因で小脳が萎縮し、そこに存在する神経細胞が壊れていくというこの病気は、次第に手足の自由や言葉を奪い、最後には体の運動機能全てが喪失してしまう難病で、完治した例がないとの事だった。

それを聞いた亜也の母親潮香はショックを隠せず、他の病院の診断を仰ごうとするが、担当医師の水野宏は理解を示すものの、亜也の残された時間を有意義なものにするために、少しでも早く病気を認めることが必要と告げてくる。

諦めきれない潮香は、亜也の検査データを手に他の病院を訪れるが、脊髄小脳変性症という診断は覆らず、憔悴したまま夫の瑞生に病気の事を打ち明けるのだった。

一方、亜也自身も度々思うように動かなくなる身体に異変を感じ、不安な気持ちを抱き始めていた。

 

・蝕む病魔

潮香と瑞生は話し合いの末、亜也にはまだ告知しないと決める。

しかし、有効な治療法のないこの難病は投薬とリハビリで進行を抑えるしかなく、水野は亜也本人への告知と早期の治療開始を訴えるのだった。

その後も子供を避けられずぶつかってしまうなど、身体が反応しない事に不安が大きくなった亜也は、両親に内緒で水野を訪ねる。

すると、亜也の話から病状が進んでいる事を悟った水野は、病気について打ち明けた。

そして、帰宅後も気丈に振る舞う亜也だったがショックを抑えきれなくなり、「私、まだ15歳だよ。神様不公平だ!」と泣き崩れてしまうのだった。

『1リットルの涙』のネタバレ

・陰る青春

受験を間近に控えた池内亜也は、両親と3人の弟妹たちと仲良く平穏な日々を送っていた。

そんな亜也は、名門進学校の明和台東高校の受験当日、転んで膝を怪我して上手く歩けなくなってしまう。

だが、偶然通りかかった麻生遥斗の自転車に乗せてもらい、何とか1教科目の試験時間内に間に合うと保健室での受験を許可され、亜也は無事試験を終えるのだった。

明和台東高校に見事合格を果たした亜也は遥斗と同じクラスになり、主席番号が1番という事で二人そろってクラス委員に任命される。

こうして合唱コンクールの準備や中学時代と同じくバスケットボール部に入部するなど、忙しくも楽しい毎日を送るが、時折、身体が思ったように反応せず、転んだり、つまずいたりすることが多くなっていた。

そんな時、走り出した時に足がもつれ、転ぶと顔を地面に打ち付け顎を切ってしまう。

この時、亜也の手は全然反応しなかった。

保健師である母親の潮香は、亜也の転び方を怪訝に思い、顎の治療を担当した医師の谷口に相談すると、神経内科の水野宏を紹介される。

そして、診断の結果「脊髄小脳変性症」の可能性が高いと告げられるのだった。

水野は、何らかの原因で小脳が委縮し神経細胞を犯していくこの病気について、徐々に言葉と手足の自由を奪っていき、終いには身体機能全てを喪失してしまう完治例のない難病だと説明してくる。

あまりの事にショックを隠せない潮香は、亜也の検査データを借り他の病院での診断を仰いでみたいと話す。

その申し出に同意しながらも水野は、病気を認め一刻も早く治療に取り掛かることが亜也の限られた時間を有意義なものにすると助言するのだった。

後日、顎の治療を受けに来た亜也は、父親の見舞いに来ているという少女と出会いボール遊びに付き合っていると、また手が動かなくなりボールを顔面で受けてしまう。

すると、少女は自分の父親も体が動かなくなり、亜也と同じく顎を怪我したことがあると話し、お姉ちゃんも病気なのと尋ねてくる。

亜也は、これまでのことが頭に過ぎり(よぎり)、少し不安を感じ始めるのだった。

一方、亜也の検査データを手に病院を訪ね回っていた潮香は、脊髄小脳変性症という診断が覆らず落胆していた。

そこで、この病気の第一人者である神経内科医の宮下の事を知り、一縷(いちる)の望みをかけて訪ねるも同様の診断で、進行を防ぐこと以外は有効な治療法がないと告げられてしまうのだった。

 

・何故、私が

憔悴しきったまま帰宅した潮香は、夫の瑞生に亜也の病気について打ち明ける。

落胆し悲しみに打ちひしがれる二人だが、まだこの事は亜也本人には伝えないでいようと話すのだった。

だが、亜也の身体はどんどん病に蝕まれており、異変を感じ取っていた彼女は言いようのない不安に押し潰されそうになっていた。

後日、水野の元を訪れた潮香は、亜也にはまだ告知しない事を伝えるが、早期の投薬とリハビリの必要性を説かれ「その場しのぎの希望を持たせるべきではない」と諭される。

それでも潮香は、今はまだ告知しないで欲しいと頭を下げるのだった。

ある日、部活帰りの亜也は正面から走ってきた子供を避けようとするが、身体が反応せずぶつかってしまいこの異変が何らかの病気ではないかと疑い始める。

そして、両親に内緒で水野の元へ向かうと、自分の身に起きている事を話す。

その話を聞いた水野は表情を曇らせ、意を決したように脊髄小脳変性症であることを明かすのだった。

考えもしていなかった恐ろしい病にショックを隠しきれない亜也だが、帰宅した家族の前では気丈に振る舞おうとする。

だが、どうしても受け止めきれず「病気はどうして私を選んだの?神様不公平だよ!」と泣き崩れてしまうのだった。

そんな亜也を抱きしめることしか出来ない潮香に、瑞生は俺たちが全力で支えようと告げる。

その後、家族の不安を他所に元気な姿で学校へと通い続ける亜也は、皆の前ではいつもと同じように振る舞っていたが、遥斗だけは何かが違うと気づいていた。

だが、病魔は確実に亜也を犯し続けており、やがて皆が知る事になっていくのだった。

 

・止まらない病魔

何かの瞬間だけではなく日常的にも身体が動かなくなりつつあった亜也は、バスケットボール部の練習でも上手くいかず周囲から心配されるようになってしまう。

そして、一刻も早い入院を迫る水野の言葉もあり、亜也は入院することになった。

潮香から亜也の病状について伝えられた担任でバスケットボール部の顧問でもある西野は、ショックを受けながらも亜也を支援することを約束し、詳しい病名を伏せながらクラスメイトに呼びかける。

一方、リハビリ科専門医の田辺の指導を受けながらリハビリを続ける亜也だが、色々なことが重なり過ぎてすっかり覇気を失っていた。

そんな中、一度退院することが決まると、亜也は水野から障害者手帳の申請についての説明を受けるが戸惑いを隠せない。

退院後、タクシーで通学する亜也の姿を目の当たりにした弟妹たちは入院しても病状が良くならない事を怪訝に思い始め、サポートするクラスメイトも腫れ物に触るような視線を向けてくるのだった。

その視線に耐えられない亜也は、普通の通学を望み数日を送るが学校で倒れてしまう。

こうして秋が終わる頃には歩くことさえ難しくなり、終いにはお茶を飲むだけでもむせるようになっていくのだった。

そんな病と向き合う日々を亜也は日記に綴っていた。

ある日、その日記を見ながら亜也の近況を聞いていた水野は、お茶を飲んだらむせるという一文を目にすると、表情を強張らせる(こわばらせる)。

それは、亜也に残された時間を、病が確実に蝕んでいるという証だったからだ。

 

・私のいる場所

新年を過ぎる頃にはほぼ歩けなくなり、亜也は車椅子を使うようになっていた。

それでも、持ち前の明るさと友人の支えで楽しい日々を送っていたが、潮香は学校側から養護学校への転校を要求され落胆してしまう。

学校側としては設備の整った養護学校の方が亜也自身の負担も少なく、他の生徒に負担を強いることもなくなるとの事で、ごく一部であるが亜也のせいで授業が遅れるなどの苦情も寄せられており、苦慮したうえでの申し出だった。

一方、その事を知らない亜也は人の役に立てる仕事がしたいと話しており、それを聞いた遥斗は亡き兄の圭輔が同じことを口にしていたことを思い出していた。

そして、進路希望に具体的な職業は書けなかったがそのように記して西野に提出すると、同時にバスケットボール部を退部すると告げるのだった。

学校からの申し出を聞き水野の元へ相談に訪れていた潮香は、彼から以前担当していた患者のいる養護学校を訪ねるように言われ、落胆しながらもその患者の元へ向かう。

そこで、亜也と同じ病と闘っている明日美とその母親菊枝と出会い、潮香は僅かながらの希望を感じるのだった。

だが、後日、出席した保護者会で彼女は厳しい現実に直面する。

亜也のサポートに対してのクレームの声があがり、このまま通わせ続ける難しさを痛感した潮香は戸惑う表情を隠そうとするが、亜也に感じ取られてしまうのだった。

その後、亜也に寄り添うことを優先すると決めた潮香は保健師の仕事を辞め、瑞生も治療費の為に経営する豆腐屋の営業後に鉄工所で働くことを決意する。

そんな時、高校の全国模試に向かった亜也は、友人のまりと早希にサポートしてもらうが、階段を踏み外し、まりに怪我を負わせてしまう。

亜也はこの事をきっかけに、今の環境が自分の居ていい場所ではないと考え、寮のある養護学校へと移ることを決めるのだった。

養護学校での寄宿生活を送る亜也は電動車椅子を使うようになり、一人で自由に動くことが出来ることに笑顔を見せるようになる。

同室の明日美を始めとする彼女たちの明るさに最初は戸惑った亜也だが、出来ることはなるべく自分でやるというルールの中で、生き甲斐と存在価値を感じていたのだ。

そして、この学校への入学祝いに携帯電話をプレゼントされていた亜也は、遥斗からクラスメイトたちの近況報告を受けると嬉しそうに笑うのだった。

 

・綴られた想い

それから2カ月ほど経ち、潮香は亜也の検査結果が良くないと水野から告げられる。

このまま病状が進行していくと、固形物の食事が難しくなり発声すら出来なくなるとのことだった。

また、四肢機能の低下による転倒が大きな怪我に繋がり、軽い風邪でも重症化し合併症を伴う恐れもあると説明される。

まだ、この検査結果を知らない亜也は、歩く訓練に特に力を入れており、担任の藤村まどかから日常生活でのペース配分に注意すべきと助言される。

だが、病状が悪化しつつあるのを感じていた亜也は、いつか歩けなくなるという恐怖感に囚われ不安に苛まれていたのだ。

遥斗や家族から励まされ必死に不安を拭おうとするが、懸念通り病状の悪化は止められず、構音障害が進行し、やがてまともに話せなくなってしまう。

すると、水野から亜也の就職について難しいと宣告され在宅でのリハビリを勧められた両親は、亜也の為の部屋を用意して温かく迎え入れるのだった。

自宅に戻ってきた亜也の元をかつてのクラスメイトたちが訪れ、春から始まる新しい生活について話をするが、笑顔で聞く亜也はどうしても寂しさを感じてしまう。

その事に潮香や遥斗は気づいていた。

後日、リハビリで病院を訪れていた亜也は、遥斗と偶然出会うと大学のキャンパスを案内してもらい、楽しそうに歩く同世代の男女を見ながら「どうして人間は歩くのかな?」と問いかける。

その問いかけに遥斗は答えられず、彼女の目を見つめ続けることが出来なかった。

一方、一旦自宅に戻っていた潮香は机から落ちた亜也の日記を目にしてしまう。

そして、「過ごしやすい居場所が欲しいわけじゃない…これから先どう生きていくかを考えていたい」と綴られていた亜也の想いに言葉を失うのだった。

 

・結末

平静を装い病院へ迎えに行った潮香は、突然、亜也から入院させてほしいと懇願され、驚きながらも彼女の望み通りにする。

それからしばらく経ち二十歳になった亜也は、入院生活を送りながらも日記を綴り続け、養護学校時代のボランティア高野喜一から依頼された「ふれあいの会」の会報にも寄稿していた。

だが、すでに発病から5年が経過しており、身体機能が衰えてしまった亜也は自力で立ち上がることが出来ず、病状がいつ急変してもおかしくない状況にあった。

ある日、亜也は食事を上手く摂ることが出来ず、詰まらせて呼吸困難に陥り、危機を脱するも大きなショックを受けてしまう。

淡々とした日々を送るなかクリスマスが近づいてくると、亜也はクリスマスプレゼントとして家へ帰りたいと口にする。

すると、潮香は水野に相談し、状態は良くないが一日だけと許可を貰う。

亜也は家族みんなにプレゼントを買っていくと、いつも迷惑かけてゴメンねと渡していくのだった。

その日から5年ほどで亜也はその短い生涯を閉じるが、その後も彼女の元には亜也の日記を読んだ方や、様々な病と闘う人からの手紙が多く寄せられていた。

そして、1年後、亜也の墓に集った多くの方に向けて、「亜也さんは本当にすばらしい人でした。」と水野は語りかけるのだった。

 

・その後の結末~伝え続けられる想い~(実話)

この作品の主人公のモデルとなった木藤亜也さんは、昭和63年5月23日午前0時55分に息を引き取り、花に囲まれながら逝きました。

彼女が病を発症した14歳から綴り続けてきた日記『1リットルの涙』は、今もなお多くの方々に勇気を与え、そして、弟妹たちはそれぞれの道を歩み、両親の端生さんと潮香さんは、亜也さんの想いを伝え続けています。

『1リットルの涙』の登場人物

・池内亜也・・・沢尻エリカ

・池内潮香・・・薬師丸ひろ子

・池内亜湖・・・成海璃子

・池内弘樹・・・真田佑馬

・池内理加・・・三好杏依

・池内瑞生・・・陣内孝則

・麻生遥斗・・・錦戸亮

・麻生芳文・・・勝野洋

・西野良三・・・佐藤重幸

・水野宏・・・藤木直人

・河本祐二・・・松山ケンイチ

・富田圭子・・・葵

『1リットルの涙』の主題歌

・主題歌

『Only Human』 K

・挿入歌

『粉雪』 レミオロメン

レミオロメン – 粉雪

『3月9日』 レミオロメン

レミオロメン – 3月9日

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料でお試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『1リットルの涙』の感想

・主人公の亜也が挫けそうになりながらも病に立ち向かう姿を見て、自分の悩みがいかに小さなものだと気づき、強くありたいと思うようになりました。

・キャストの演技が素晴らしく感動しましたが、実話が元になっているとは知らず驚きました。

・死というものがただの終わりではなく、生きてきた証なのだと気づかせてくれた作品です。

・病気や不自由を強いられている方への世間の偏見と差別が赤裸々に描かれていて、自分の行動を見つめなおすきっかけとなった。

・生きることへの意義を伝えていると感じ、多くの方に観てもらいたいと思った貴重な作品。

・挿入曲、エンディング曲の双方が素晴らしく、強く印象に残っています。

・懸命に毎日を生きる主人公の姿に感動した。

・否応なしに物語に惹きこまれてしまった。

・感動して涙することが多かったが、一番印象に残っているのは絆の強さを表したような家族揃った時の笑顔です。

・沢尻エリカさんを始めとしたキャストが素晴らしく、心に残る名作だと思います。

・どんな形で描かれようとも世の中には今も病と闘い続けている人がいるので、自分にも何か出来ることはないのかと考えてしまう。

・命の儚さ、美しさを感じさせてくれた作品です。

『1リットルの涙』のまとめ

わずか14歳で難病と闘う事になった木藤亜也さんの実話を元に描かれたドラマ『1リットルの涙』は、多くの涙を呼ぶ作品となりました。

ただし、それだけではなく、命と生きるという事についてあらためて考えさせられたとの声も多くあがっています。

また、社会における身体の不自由な方の生きづらさと、偏見や差別を提起している作品とも言えるでしょう。

心に大きな葛藤を抱えながらも、命の尊さと懸命に向き合った彼女の生涯を目に焼き付けて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました