101回目のプロポーズ 無料動画配信(ドラマ再放送1話~最終回)フル視聴/

101回目のプロポーズ 国内ドラマ

101回目のプロポーズ(ドラマ)の見逃しフル配信を全話無料で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

ドラマ『101回目のプロポーズ』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

今作は、武田鉄矢、浅野温子主演の恋愛ドラマで、1991年に放送された作品トレンディドラマと呼ばれています。

フジテレビの月曜日9時からで、平均視聴率が23.6%、最高視聴率が36.7%を記録した大ヒット作です。

「僕は死にません」という台詞は、この年の流行語大賞を受賞して、世間に周知されました。

標準語での台詞でしたが、武田鉄矢が博多出身のため、熱のこもったシーンで地元の方言が出てしまい、死にましぇんと発音してしまったと話題になりました。

恋人を失った浅野温子演じる薫が、恋に否定的だったのを、武田鉄矢演じる達郎のもうアタックで、恋に前向きになれるようになったという物語です。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ30日間無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

『木村拓哉』の歴代作品

 

101回目のプロポーズ(ドラマ)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『101回目のプロポーズ』のあらすじ

達郎は真面目を絵に描いたような青年で、42歳になってもまだ独身でいたが、仕事はとても丁寧にする男。

建築会社で係長として働いていたが、弁護士になりたいという夢を持っていた。

弟の純平は、イケメンで、達郎とは似ていないが、大学生のために一緒に生活をしていた。

薫は、30歳の独身で、オーケストラでチェリストをしている。

薫のことが好きだという2歳下の尚人がいるが、薫は婚約者を事故で失ってから恋には臆病になっていた。

当然、尚人からの告白も断る薫。

さらに、婚約者の芳之のことを忘れられないでいた。

『101回目のプロポーズ』のネタバレ

薫の婚約者である芳之は、3年前の

結婚式の当日に事故で亡くなる。

一緒に住む妹の千恵から、婚約者のことを忘れられないでいることに心配されていた。

もう新しい恋をした方が良いということは薫でもわかっている。

しかし、頭と気持ちがバラバラで、どうすることもできないでいた。

達郎は42歳までずっと何もしないで年を重ねていたのではない。

今までに、99回のお見合いを経験していた。

しかし、99回フラれてきた男だ。

100回目のお見合いが行われることになった達郎。

今回の相手は薫。

このお見合いは、芳之を忘れられないで苦しむ薫を心配した母が、持ってきた縁談だった。

このお見合いでは薫の妹の千恵と、達郎の弟の純平も参加していた。

千恵と純平は、大学のサークルが同じということもあり、話が弾むが、薫と達郎は恋に臆病な薫と、恋の経験の浅い達郎では、話が途切れ途切れになってしまっていた。

その場が終わると、薫から電話でフラれてしまう達郎。

しかし、今回の達郎は違っていた。

電話でフラれても、50年後の薫を変わらずに愛していると告げる達郎。

達郎が考えた言葉だったが、その言葉は、かつての婚約者である芳之からの結婚を申し込まれた時の言葉であった。

薫は、少し達郎が気になってきます。

達郎は、薫のことが好きになり、結婚したいと思うようになりました。

薫と会っては、自分の気持ちを告げ、交際を申し込む達郎。

薫からの返事はいつも断られていたが、達郎はめげません。

何度も正面からぶつかってくる達郎。

そんな達郎の姿を見て、少しずつ達郎が気になる薫。

達郎の真っ直ぐで、優しい性格に好意を寄せてしまう薫。

その頃、同じオーケストラのバイオリニストである尚人からも結婚したいと言われていた薫だったが、芳之のように、自分と結婚しようとする男性が自分の前から死んでしまうのではないかと考えてしまい、申し込みを受けることができなかった。

二人にとって必要な助言をしてくれたのは薫の親友の桃子。

薫には達郎のことを考えるように、達郎には諦めるなと告げる。

そのことで、達郎は、薫の気持ちを汲み取り、僕は死にませんとトラックの前に飛び出して、命をかけて、薫への気持ちを告げた。

達郎の気持ちを理解した薫。

二人は結ばれます。

結ばれた薫と達郎は、カップルとして、障害を乗り越えたかに見えたが、達郎の上司である、藤井が薫の婚約者の芳之とそっくりの顔をしていて、薫の気持ちは動揺する。

薫の気持ちに気づく達郎。

会社を辞めて弁護士になる試験を受けるので、合格したら結婚しようと伝える。

会社は、恋敵である藤井に追い出される形での辞め方だったが、弁護士になろうと勉強をする達郎。

藤井と付き合う薫でしたが、達郎の今までの自分に対する気持ちを改めて考え、達郎を選ぼうとした薫。

それは、藤井に聞いた50年後の自分への気持ちに対する答えからだった。

藤井は、わからないと答えた。

その答えで、運命は達郎と結ばれていると判断した薫。

これからオーケストラの本番が始まろうとしている薫は、自分の気持ちが達郎へ向いていることに気づきつつ、行動に移せませんでした。

しかし、桃子や千恵の言葉で達郎の待つ場所へと急ぐ薫。

しかし、試験に落ちてしまった達郎は、結婚式をする会場には現れませんでした。

今度は自分が達郎を救おうと考えた薫。

ウェディングドレスのまま、達郎のいるところへ。

仕事も失い、試験にも落ちた達郎は、薫とはいられないと思っていた。

薫に渡すはずの指輪も捨てていた。

しかし、薫はそばに落ちていたナットを指輪にして、二人で生きていこうと誓う。

『101回目のプロポーズ』の登場人物
浅野温子、武田鉄矢、江口洋介、田中律子、石田ゆり子、竹内力、長谷川初範、浅田美代子
『101回目のプロポーズ』の主題歌

『SAY YES』 CHAGE & ASKA

[MV] SAY YES / CHAGE and ASKA

Twitterでの反応

クーさん
クーさん

『101回目のプロポーズ』はこんな方におすすめです。

・恋愛ドラマが好きな人

・トレンディドラマが好きな人

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『101回目のプロポーズ』の感想
その他の感想はここから見れます
『101回目のプロポーズ』のまとめ

感動深いシーンであるトラックの前に飛び出して、愛を語るところは、6話での登場で、その後も物語が展開していきますが、一番の見所です。

結婚に後ろ向きな女性と、恋愛経験の浅い男性の恋のお話は、今の恋愛とどう違うのか、今も昔と変わらない恋愛なのか比較しながら違いを発見する見方も良いかと思います。

トレンディドラマ世代ではない方にも注目をしてご覧していただきたい作品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました