魔女の宅急便の無料動画(映画)配信をフル視聴

魔女の宅急便 アニメ

魔女の宅急便の無料動画をフル配信で視聴する方法

・見逃した作品や過去の作品を見たい

・1話から最終話までまとめて見たい

・CM広告なしで見たい

・高画質で楽しみたい

・お住まいの地域で放送されない

という方はぜひ最後までお付き合いください。

クーさん
クーさん

映画『魔女の宅急便』を無料で視聴できる動画配信サイトを紹介します。

動画配信サイト 配信状況 無料お試し期間
 

30日間0円

今すぐ無料で見る

映画 魔女の宅急便 予告編

スタジオジブリ映画「魔女の宅急便」

「魔女の宅急便」は角野栄子さんの児童文学が原作の作品です。

スタジオジブリ・宮崎駿監督により1989年に映画化されました。

13歳の女の子が一人前の魔女になるべく、修行のため新しい街へ旅立つところから物語が始まります。

自立への道は中々思う通りにいかないけれど、新しい街で出会う人々と出来事を通して、魔女として、女性として成長していく物語です。

DVDレンタルやDailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトで見る

動画共有サイトで視聴

Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画共有サイトは、動画が無許可でアップロードされて違法サイトです。

スマホやパソコンがウイルスに感染する可能性があるので、安心で安全な公式の動画配信サイトの利用をおすすめ致します。

どうしても視聴したい場合は、自己責任で視聴してください。

イーさん
イーさん

感染リスクが無く安全で見れる公式の動画配信サイトのご利用をおすすめします。

DVDもしくはブルーレイのレンタルで視聴

魔女の宅急便

ドラマ作品をすぐに視聴する事は残念ながら難しいですが、TSUTAYA TV/DISCASを利用して、ドラマのDVDもしくはブルーレイをレンタルして視聴するという手段があります。

TSUTAYA TV/DISCASTSUTAYADVDCDが借り放題でPCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれるサービスとなっております。

\無料お試し登録の初回30日間を是非試してください/

今すぐ無料お試し ▶︎

>>初回登録で1,100円分相当が視聴できる動画ポイントが付きます。

ゾーさん
ゾーさん

すでに動画配信サービスの利用してる方は、PCやスマホで予約して自宅に郵便でお届けしてくれる『TSUTAYA TV/DISCAS』を利用してみてはいかがでしょうか!

魔女の宅急便(映画)の作品情報やあらすじ・ネタバレ・キャスト・主題歌

『魔女の宅急便』のあらすじ

ほうきに乗って海の見える街へ

原っぱでラジオを聞く魔女の娘・キキ。

今夜は天気の良い満月だと聞き、魔女の修行へ旅立つことにしました。

魔女の家では13歳になると修行のため他の街で1年間過ごすというしきたりがあるのです。

キキは自分のほうきで行きたかったが、母や周囲の勧めもあり、渋々母のほうきで旅立つことに。

木々にかけられた鈴を鳴らしながらもどうにか飛び立ち、父にもらったラジオと相棒の黒猫・ジジと共に海の見える街を探します。

すると、突然の雷雨に襲われ、貨物列車で夜を明かすことに。

海に囲まれた大きな街にたどり着いたキキは、そこに他の魔女がいないことを確認しその街で住むことに決めます。

しかし、ほうきの操作がうまくいかず、警察に注意を受けるキキ。

少年・トンボの機転によりその場を免れます。

魔女に興味を抱くトンボにキキはお礼を言うものの、つっけんどんな態度をとってしまうのでした。

・魔女の宅急便

キキは宿泊先が見つからず、街の人の冷ややかな態度に途方に暮れていました。

すると、パン屋のオソノが、お客の忘れたおしゃぶりを届けようとする場面に出会います。

キキはオソノの代わりに赤ん坊を連れたお客におしゃぶりを届けました。

オソノに招かれ、キキが事情を話すとオソノの厚意で住み込みでパン屋で働くことに。

・仕事始め

キキの存在を知り、甥のプレゼントを届けてほしいというお客がきました。

キキとジジは喜んで目的の家へと向かいますが、途中で雁の群れに会い、プレゼントを落とします。

取り戻そうとすると巣にある卵を盗られると誤解され、鴉に攻撃されてしまいました。

(プレゼントの)鳥かごは取り戻したものの、中身の黒猫の人形が見当たらず、見つかるまでジジが身代わりに入ることに。

キキが森を探していると、人形を飾った小屋が見つかり、そこには絵描きをしている女の子(ウルスラ)が住んでいました。

事情を説明する中、人形の首がほつれていることに気付いたキキ。

ウルスラが人形を修繕する代わりに小屋の掃除をします。

直った人形を持ってお客の家へ行き、その家のジェフという犬のおかげでジジと人形は無事トレードに成功するのでした。

『魔女の宅急便』のネタバレ

初めてのパーティーだけど

ある日、キキが店番をしていると配達依頼が舞い込みます。

そんな中、パン屋に訪れたトンボは飛行クラブのパーティーにキキを誘いました。

困惑するキキですが、オソノの勧めで行くことに。

1件の配達を終え、次に向かったお客はオーブンの故障で料理が未完成の老婦人の家でした。

孫に料理を届けたいという思いを知ったキキは、竈で作ることを提案し、手伝います。

無事、料理は完成したものの、時計が遅れていると気付かず、パーティーに行けなかったキキ。

雨でずぶ濡れで帰宅しました。

翌朝、風邪を引いたキキを明るく看病するオソノ。

様子を見に来たトンボには事情を話し見舞いは断ったと言います。

・人力飛行機と飛行船

回復したキキはオソノの計らいでトンボにパンを届けました。

トンボに謝り、海岸に不時着した飛行船を見に行くことに。

人力飛行機で向かう中、羽がとれて野原を転げ落ちた2人。

打ち解け始めますが、キキはトンボの友達が来たことで再び心を閉ざしてしまい…。

<魔法が弱くなっている>

気落ちしたキキはジジとも話せず、ほうきで飛ぶこともできなくなっていました。

そこへ、買い出しついでに寄ったというウルスラがキキを訪ねてきます。

ウルスラはキキの魔法が弱まっていると知り、泊りに来ないかと誘うのでした。

キキの絵を描いているというウルスラ。時に絵が描けなくなることもあると言います。

そんな時はジタバタしたり、気分転換するとキキに話すのでした。

 ・友達を助けないと…

その後オソノから、以前依頼のあった老婦人の元へ帰りに寄るよう伝言を受けたキキ。

老婦人はキキの姿を描いたケーキを焼いてくれていたのです。

そんな中、テレビでは突風で飛んでいく飛行船にぶら下がるトンボの姿が。

急いでおじさんのデッキブラシを借りて飛び、街中の人が応援する中、危機一髪のところでトンボの手を握りしめたキキ。

無事にトンボは助かり、父と母に近況を手紙で知らせるのでした。

『魔女の宅急便』の登場人物

キキ  (高山みなみ)

ジジ  (佐久間レイ)

オソノ (戸田恵子)

フクオ (山寺宏一)※オソノの夫

トンボ (山口勝平)

コキリ (信沢三恵子)※キキの母

オキノ (三浦浩一)※キキの父

ウルスラ(高山みなみ)

Twitterでの反応

クーさん
クーさん

『魔女の宅急便』はこんな方におすすめです。

・子供におすすめ

・ジブリ好きにはもちろんおすすめ!

無料期間中の解約であれば、0円で解約金もなし

今すぐ無料お試し ▶︎

いつでも解約OK!無料トライアル利用でもOK!

『魔女の宅急便』の感想
女性40代
女性40代

子供の頃から何度も見ている映画です。

一生懸命焼いたパイを孫娘がそっけなく受け取るシーン、トンボとのパーティーで着ていく服がないと悩むシーン、うまく飛べなくなり、ジジの声も聞こえなくなるシーン。

すべて何度も見ているのに、心がキュッと痛くなります。

子どもの頃はそれがなぜだか分からなかったけれど、自立の階段を登る過程を表しているんだなとはっきりわかってからは、微笑ましく見ることができるようになりました。

また、キキが13歳と最近気がつき、1人で修行にだした両親の目線で見てしまいました。

高山みなみさん演じるキキの声が心地よく、何度も見ても見飽きないのは、この映画全てがわたしの一部なんだなと中学生の親になった今も思います。

その他の感想はここから見れます
女性50代
女性50代

魔女の宅急便はスタジオジブリの代表的なアニメですが、魔法使いの13歳の女の子キキが、自立をするために田舎から都会に来る内容です。

キキは大きなりぼんと、黒のワンピースという服装をしています。

魔女の宅急便は童話にありがちな、ファンタジー性は抑えられており、児童向けというよりも20歳以上の大人向けのアニメです。

キキは田舎とは違って、都会の人がそっけないので違和感を感じる描写もあります。

忘れ物を届けるために、キキは宅配業の仕事をするようになります。

張り切って初めての仕事をしますが、届け物をうっかりと落としてしまいます。

キキは時間を稼ぐために、かごの中に黒猫のジジを入れてごまかします。

黒猫のジジがばれないように、じっとしているのが面白かったです。

黒猫のジジは少し生意気ですが、実際には言葉を話せるのではなく、心の声でキキには聞こえているようです。

思春期の女性が自立していく内容なので、これから親元を離れる人にみてほしいです。

女性40代
女性40代

魔女の宅急便の見どころといえば、やはり主人公キキの飛行シーンだと思います。

魔女として一人前になるために街を出るときの飛行の始まりのシーンは、応援したくなるほど危なっかしくて、でもワクワクするようなところが好きです。

クライマックスでデッキブラシで空を飛ぶシーンもコミカルで、けれど見ている方も思わず力が入るほどデッキブラシがホウキほど言う事を聞かないのでハラハラしました。

登場人物も魅力的で、オソノさんやウルスラの勝気な感じが素敵です。

そして、なんといってもキキの相棒の猫のジジが可愛くて面白かったです。

宅急便で落としてしまった猫のぬいぐるみの代わりにカゴに入ってぬいぐるみが見つかるまでピンチヒッターとして待っているところは、本当に可笑しくて可愛かったです。

女性20代
女性20代

魔女の宅急便はジブリの中でもトップにはいるぐらい大好きな作品です。

昔、小学生の頃に見た時は、ただただホウキの魔女が可愛くて「私も飛びたい!」と夢にみてましたが、今この歳になっても、子供って無限だなぁとまた違う感覚で楽しめる作品です!キキの冒険心溢れる可愛さと、ジジとのコンビが最高です!雨の中でも必死に仕事をするキキの姿には心が打たれました。

子供は大人が思っているより、賢いってことが分かるストーリーだと思います!キキの母がキキに、「そんなに形にこだわらないの。大切なのは心よ!そしていつも笑顔を忘れずにね」というセリフが大好きです。

そして、私が一番好きなのは、街並みの雰囲気と音楽です!とても綺麗で観ているだけでワクワクして楽しめます。

何度でも観れる作品です!

女性20代
女性20代

宮崎駿監督の作品で、1番ほんわかした雰囲気にもなれる子供と一緒に見てもわかりやすい作品です。

13歳になったら魔女の修行のために他の町に移り住むというしきたりがあり、満月の夜に旅に出るキキとネコのジジ。

この2人の旅のストーリー、旅立つところ、そして住む町を決めるところ少し長めに描かれていて、キキがホウキで空を飛びながらラジオを入れてオープニング曲とタイトルが出てくるというところ、そこがなんかよくてつかみから目が離せませんでした。

知らない街でも周りの人の助けを借りながら自分ができることをしながら成長していくキキが見れるところがよかったです。

周りも暖かい人ばかりでそこがすごいよくて何度も見たくなる映画でした。

女性30代
女性30代

物語として面白いだけではなく、人として大人になっていく様子も映画内でみることができるのでひとりの女の子の成長過程を見ることのできる楽しさもあります。

魔女というと身近な存在ではないですが、こんな風に共存して生活していけたらなんだか楽しそうだなと思いながら見ていました。

出てくる街並みや風景もとてもおしゃれで可愛らしくてワクワクします。

最初は未熟で一人で生活していくことに不安を覚えていたキキが、たくさんの人と関わることで成長していき、働くことの大切さなどもわかっていく様子は子供にも是非見てほしいと思えました。

ジジの言葉がわからなくなってしまった理由も自分なりに解釈してみたりと楽しめる要素がたくさん詰まった映画でした。

女性30代
女性30代

1人の少女が旅へ出て、成長していく姿を描いた物語です。

いろんな人と出会い、優しさに触れたり心温まる場面もあれば、仕事の責任や大変さを身をもって知り自分の時間を我慢をすることを覚えます。
精神的に大人になることで、相棒である猫の言葉が分からなくなってしまったり魔法の力が弱まり心がついていかず気持ちが落ち込んでしまいます。

しかし、自分と向き合い目標を見つけることで最後には想像以上の力を発揮します。
見ているこちらまで元気を貰えるので、年齢を問わず愛されている作品だと感じます。

私も就活で落ち込んでいる際によく見ていました。
また、サウンドトラックで使われている曲も気分をすごく盛り上げてくれるバランスのとれた名作だと感じます。

女性30代
女性30代

この作品は、1989年に公開されたスタジオジブリ製作の長編アニメーション映画です。
原作は角野栄子さんの児童文学小説です。
ヤマト運輸がスポンサーということでも有名な映画作品です。
ヤマト運輸の登録商標「宅急便」や、ジジという黒猫が登場することなど縁があった作品です。
ストーリーは、主人公のキキが立派な魔女になるために13歳になったら町を出て、よその町で1年間暮らすという修行をすることを決意します。
無事に旅立つことのできたジジは、無事に住む町を見つけ、そこで生活をしながら成長していく姿を描いた内容になっています。
他には、ジジを演じた声優さんが他の重要人物の声も担当していたり、映画の主題歌をユーミンが歌っていたり、実写映画になったりと注目ポイントがいっぱいある、おすすめの映画です!

男性40代
男性40代

小学生になる子供の道徳目的で見ました。一人の魔女が様々な出会いによって人に対する嬉しさや悲しさなどの感情が成長する物語だと感じました。
主人公のキキは多分人間の小学生から中学生の女子の気持ちをベースに考えられているのだと見ていて気付きました。
終始青春の香り(甘酸っぱさ)が感じられてニヤニヤと顔が自然にほころんでしまいます。魔女というと怖いイメージが先行しがちですが、キキは
すごく真面目でまっすぐな女の子でした。すごい良い人間と出会えたかと思うと性格がねじ曲がったような人間もいて、そのひとつひとつに真正面から
向き合っていく主人公キキの実直さが魅力のひとつです。見終わったあとはすがすがしい気持ちと共に誰かと共感したい気持ちになる一本でした。

『魔女の宅急便』のまとめ

思春期の女の子を主人公に描く魔女の宅急便。

新しい街で出会う人や出来事によって成長していく姿が微笑ましく、応援したくなる物語です。

可愛い洋服や靴に憧れる様子や、トンボ(異性)に対する態度、最初にオソノの家に泊まった際に、オソノの夫が居ることに気付いて中々トイレから出られない様子など、思春期ならではの心の葛藤もリアルに描いているのが見どころです。

子どもはもちろん、大人も「この感じ、わかるなぁ」と懐かしい気持ちで見られるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました